[ラノベ] 本好きの下剋上(19巻[第4部VII]→20巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、[ラノベ]本好きの下剋上(20巻)の発売日を掲載しています。最新刊19巻[第4部VII]は2019/6/10に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

本好きの下剋上(20巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年9月10日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/6/10、当ページ更新日:2019/6/10
「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

[ラノベ]”本好きの下剋上”は約3か月のペースで新刊が発売されています。20巻の発売日は2019年9月10日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「本好きの下剋上」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索する
・Renta!で検索する
・eBookJapanで検索する

発売済み最新刊(19巻[第4部VII])

タイトル:本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員VII」 (TOブックスラノベ)
発売日:2019/6/10

Amazonで購入する楽天で購入する

“本好きの下剋上”発売日一覧

“本好きの下剋上”のこれまでの発売日は以下の通りです。

スポンサードリンク
巻数 発売日
1巻(第一部-Ⅰ) 2015年1月25日
2巻(第一部-Ⅱ) 2015年2月25日
3巻(第一部-Ⅲ) 2015年6月25日
4巻(第二部-Ⅰ) 2015年9月25日
5巻(第二部-Ⅱ) 2015年12月25日
6巻(第二部-Ⅲ) 2016年3月25日
7巻(第二部-4) 2016年6月10日
8巻(第三部-Ⅰ) 2016年9月10日
9巻(第三部-Ⅱ) 2016年12月10日
10巻(第三部-Ⅲ) 2017年3月10日
11巻(第三部-Ⅳ) 2017年6月23日
12巻(第三部-Ⅴ) 2017年9月9日
13巻(第四部-Ⅰ) 2017年12月9日
14巻(第四部-Ⅱ) 2018年3月10日
15巻(第四部-Ⅲ) 2018年6月9日
16巻(第四部-Ⅳ) 2018年9月10日
17巻(第四部-Ⅴ) 2018年12月10日
18巻(第四部-Ⅵ) 2019年3月9日
19巻(第四部-VII) 2019年6月10日
20巻

外伝

巻名 発売日
本好きの下剋上 貴族院外伝 一年生 2018年10月10日

新刊の発売頻度

本好きの下剋上の新刊発売間隔:約3か月

本好きの下剋上は約3か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は3か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:本好きの下剋上(読み方:ほんずきのげこくじょう)

著者:香月美夜
イラスト:椎名優

出版社:TOブックス

公式サイト:「本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~」特設サイト
小説家になろう:本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

作品概要:

スポンサードリンク

本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない。目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう。
よくある転生物ですが、兵士の娘が体力ない、材料ない、お金ない。あるのは本に対する情熱と、行動力で、病弱な主人公マインを助けるために、家族や友人が奮闘し、本を作るために、生活向上のために奮闘します。
本を作るため、粘土板をつくったり、竹の板を束ねたり、念願かなって紙漉きを再現して本作りの土台をつくり、印刷機や作者、作画を育て本に囲まれた生活を築く為に、神殿に入り、領主の養女になり、王様の養女になり損なう人生。
本に囲まれる人生を、前世のパラダイスを取り戻す為に、頑張る、残念美少女の物語である。
身分制度、中世のような生活水域、不浄からの脱却と、本をてに入れる為には手段を選ばない行動力。また、魔法あり、宗教あり、外敵ありと、読者を飽きさせない楽しさがある。

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

19巻[第4部VII]あらすじ

[ラノベ]”本好きの下剋上”(19巻)のあらすじは以下の通りです。

本好きのお茶会で昏倒したローゼマインはエーレンフェストに強制送還された。
下町の面々との再会もあり、神殿での読書三昧に心はうきうき。冬の日々は穏やかに過ぎるように思えたが、聖典から謎の言葉と魔法陣が浮かび、引き籠もり生活は一変!
貴族院二年生の終わりに向かって尋問会、聖典検証会議が続く上、見習いの名捧げ問題に直面。初参加の領地対抗戦を観覧中には、ダンケルフェルガーとのディッター勝負へ挑むことになるばかりか、表彰式をテロが強襲!
卒業式を前に、ローゼマインはフェルディナンドと共に貴族院の騒乱を止められるのか!? 領地間の不穏な緊張感が高まる大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!
書き下ろしSSは卒業生二人の恋物語×2本、椎名優描き下ろし「四コマ漫画」収録!

(引用:amazon

18巻あらすじ

[ラノベ]”本好きの下剋上”(18巻)のあらすじは以下の通りです。

進級式と親睦会を終えた貴族院で、ローゼマインの新たな一年が本格化する。早速始まった講義では、エーレンフェストの二年生の「全員一発合格」を目指したり、図書委員の仲間探しに奔走! 昨年以上に次々と騒動を巻き起こす中、院内の教師や上位領地の領主候補生、中央の第三王子とも接触が増え、領地間の均衡に目を配る保護者の頭を悩ませる。
だが、我が道を突き進むローゼマインは止まらない! 夢中で駆け抜けながら、エーレンフェストの採集場所に出現した魔獣ターニスベファレンの討伐に挑むのだった。
本当は読書したいだけなのに、厄介事が止まらないビブリア・ファンタジー最新刊!

(引用:amazon

17巻あらすじ

[ラノベ]”本好きの下剋上”(17巻)のあらすじは以下の通りです。

エーレンフェストの下町を美しい街へと生まれ変わらせたローゼマインは、他領への影響力を強めるため、さらなる発展を目指す。
そのためには、民の協力が欠かせない。貴族との壁を壊すため、彼女は自ら活発に動き回る。直轄地の印刷工房の視察や、染め物コンペの開催による職人の発掘、図書館建設計画の妄想(?)などなど。複雑な領地問題が絡む兄の結婚式では、不穏な旧ヴェローニカ派への警戒も必要に。領地内の派閥争いは激しさを増していく。
季節が冬の到来を告げる頃、貴族院では二年生が始まるのだった。

(引用:amazon

16巻あらすじ

[ラノベ]”本好きの下剋上”(16巻)のあらすじは以下の通りです。

近付く春。ローゼマインに下町組との別れを悲しんでいる暇はなかった。貴族院の一年生が終わり、やることはてんこ盛り。
ルッツと約束した本を増やすことはもちろん、春を寿ぐ宴ではエーレンフェストの政略として、ヴィルフリートとの婚約を発表。上位領地への対抗策を次々に繰り出す。
神官長との魔術具のインク作り、直轄地を魔力で満たす祈念式、ハルデンツェルでは図らずも古い儀式を蘇らせることに……。領地の発展を目指し、下町の大規模な整備まで実施する中、他領の暗躍も活発になっていく

(引用:amazon