[ラノベ] 失格紋の最強賢者(8巻→9巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、[ラノベ]失格紋の最強賢者(9巻)の発売日を掲載しています。最新刊8巻は2019年3月14日に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

失格紋の最強賢者(9巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年6月14日(予定)
です。

前巻発売日:2019/3/14、当ページ更新日:2019/4/27
「失格紋の最強賢者~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

[ラノベ]”失格紋の最強賢者”は約3~4か月のペースで新刊が発売されています。9巻の発売日は2019年6月14日に予定されています。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「失格紋の最強賢者」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索する
・Apple Booksで検索する
・Renta!で検索する
・eBookJapanで検索する

発売済み最新刊(8巻)

タイトル:失格紋の最強賢者8 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~ (GAノベル)
発売日:2019/3/14

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“失格紋の最強賢者”発売日一覧

“失格紋の最強賢者”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2017年5月15日
2巻 2017年8月15日
3巻 2017年12月15日
4巻 2018年3月15日
5巻 2018年6月15日
6巻 2018年9月15日
7巻 2018年12月15日
8巻 2019年3月14日
9巻

新刊の発売頻度

[ラノベ]失格紋の最強賢者の新刊発売間隔:約3~4か月

失格紋の最強賢者は約3~4か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は3~4か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:失格紋の最強賢者(読み方:しっかくもんのさいきょうけんじゃ)

著者:進行諸島
イラスト:風花風花

出版社:SBクリエイティブ
レーベル:GAノベル

公式サイト:失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなる … – ガンガンONLINE

作品概要:

スポンサードリンク

“なろう系”小説で連載されている、所謂ファンタジー(剣と魔法)世界の“転生無双物”です。ただ、この作品の主人公は“異世界”に“偶然”ではなく、“自分の意思”で“未来”に転生したで、その辺が他の作品とは一線を画しています。その為、ゲームの世界に転生した作品にありがちなHPやスキル、ジョブと言った概念や設定が無いので、そのような描写に苦手意識がある人でもすんなり読めると思います。物語自体は無双物の例に漏れず、特にピンチになることも無くスイスイ話しが進みます。読む人によっては物足りないと言った意見も聞こえてきそうですが、逆に言えば読んでる側にストレスもないでしょう。小説だけでなく、漫画(月刊誌)も出ており漫画アプリを使えば小説同様無料で閲覧する事も出来ます。興味を持った方は試しに読んでみては?絵柄も万人受けするものです。

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

8巻あらすじ

“失格紋の最強賢者”(8巻)のあらすじは以下の通りです。

魔族と結託していた古代の国王にマティアスが挑む!!かつてその世界で魔法と最強を極め【賢者】とまで称されながらも、『魔法戦闘に最適な紋章』を求め未来へと転生したマティアス。幸運にも一度目の転生で最強の紋章を手に入れられたが、未来では魔法戦闘に最適な紋章が「失格紋」扱いされ、優れた魔法理論さえ退化させられていた。
そこに魔族の陰謀を感じ取ったマティアスは、王都に襲来した魔族を撃退すると、次いで最悪の魔族ザリディアスを葬り去る。果ては隣国へと侵入して、夥しい襲撃者を送り込んできた首謀者を突き止めた。その首謀者とは――かつて賢王と称された古代の王・グレヴィルだった。マティアスの前世、古代文明時代に善政を敷いていたグレヴィルが、この世界においては魔族に汲みし、人類を滅ぼそうとしていたのだ。
『……3ヶ月後に、人類を滅ぼす』
一方的にそれだけ告げるグレヴィルに、マティアスはルリイ、アルマ、イリスを徹底的に鍛錬すると、遂にグレヴィルの城に乗り込む――!!

(引用:amazon

7巻あらすじ

“失格紋の最強賢者”(7巻)のあらすじは以下の通りです。

かつて異世界で魔法と最強を極め、【賢者】とまで称されながらも、『魔法戦闘に最適な紋章』を求め未来へと転生したマティアス。幸運にも一度目の転生で最強の紋章を手に入れられたが、未来では魔法戦闘に最適な紋章が「失格紋」扱いされ、優れた魔法理論さえ退化させられていた。そこに魔族の陰謀を感じ取ったマティアスは、魔族による王都襲来を予見。見事それを撃退すると、続いて隣国で最悪の魔族ザリディアスを葬った。
いっぽう、凱旋した彼を待っていたのは、束の間の平和でもなく、国境の街が襲われたという報せだった。その際捕えられた襲撃者――おぞましい《人型の魔道具》をひと目見るなり、背後に数千体、数万体の魔道具がいることに気付いたマティアス。自律して動くこの魔道具を止めるためには人形遣いとその動力源――生命力の供給源を潰すしかないと判断した彼は、すぐに再び国境を越えることになるが……!?

(引用:amazon