[ラノベ] うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。(8巻→9巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、[ラノベ]うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。(9巻)の発売日を掲載しています。最新刊8巻は2019/2/22に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。(9巻-最新刊)の発売日はいつ?

2020年2月22日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/2/22、当ページ更新日:2019/2/22
[ラノベ]「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」発売状況の最新情報はコチラ

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

Amazonで予約する楽天で予約する

[ラノベ]”うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”は5~12か月のペースで新刊が発売されています。12か月後に新刊が発売されるとすると、9巻の発売日は2020年2月22日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊(8巻)

タイトル:うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。8 (HJ NOVELS)
発売日:2019/2/22

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”発売日一覧

“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2015/2/20
2巻 2015/9/19
3巻 2016/2/20
4巻 2016/6/22
5巻 2016/11/24
6巻 2017/8/23
7巻 2018/2/23
8巻 2019/2/22
9巻

新刊の発売頻度

[ラノベ]うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。の新刊発売間隔:約5~12か月

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。は約5~12か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は5~12か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。(読み方:うちのこのためならば、おれはもしかしたらまおうもたおせるかもしれない)

著者:CHIROLU
イラスト:トリュフ(1巻)、景(2巻~)

出版社:ホビージャパン
レーベル:HJ NOVELS

小説家になろう:うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

作品概要:

スポンサードリンク

本作品はもともと小説家になろうというサイトから誕生した原作者はCHIROLU氏内容はタイトルそのままのうちの娘溺愛お義父さんモノである主人公の青年デイル若き腕利き冒険者彼が仕事で訪れた森で出会ったのが親を亡くした魔人族の少女ラティナだった罪人の証である片角で国を追われたらしいラティナだが可愛いくて気立てが良く利発な彼女訳アリらしい彼女を放っておけず連れ帰ったデイルは十歳違いの義父になることを決意する二人で買い物し必要なモノを揃え一緒に食事を摂り眠り風呂に入れ……。愛らしいラティナと過ごすうちに荒んでいた心を癒していくデイル酒場を営む家主夫婦や常連客も二人の心強い味方だやがてラティナの成長と共に種族の差や寿命のそして互いへの気持ちの空回りなども起きていく心暖まるお話である

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

8巻あらすじ

“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”(8巻)のあらすじは以下の通りです。

クロイツでの平穏な日常を取り戻したラティナのもとに、お忍びで訪問中な一の魔王フリソス。しかし人間族側との正式な外交も兼ねているため、遊びもそこそこに本業へと戻ることに。するとフリソスは人間族側との通訳として、ラティナを外交の場に同行させるために行動を開始する。一方、ラティナの結婚式がクロイツではなくデイルの故郷で挙げられる予定だと知った虎猫亭の常連客たちは、可愛い娘の花嫁衣装をなんとしても拝むべく、デイルに戦いを挑むことに!? 最後まで大騒ぎな大人気アットホームファンタジー、幸せ最高潮の第8弾!

(引用:amazon

7巻あらすじ

“うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。”(7巻)のあらすじは以下の通りです。

魔人族の国から慣れ親しんだクロイツへと無事に帰還し、平穏な日常を取り戻したデイルとラティナ。帰還後、特にラティナを喜ばせたのは―クロイツで食べる美味しいごはんの数々だった!!今明かされる、魔人族の国の残念すぎる食生活。少しでも美味しいものが食べたいラティナは、密かにとある料理の完成に挑む!?ほかにも、天翔狼のヴィントが持ち込んだもふもふ騒動や、ラティナの可愛すぎる幼少期エピソードも満載!クロイツでの楽しい日々を存分に謳歌する大人気アットホームファンタジー、書き下ろしも充実の第7弾!

(引用:amazon