もののべ古書店怪奇譚(3巻)-感想。

 

もののべ古書店怪奇譚(3巻)の感想です。

3巻の感想

レトロな雰囲気を感じさせる設定と雰囲気が、鬼を退治するというストーリーと相まって幻想的な世界観を醸し出しています。

残虐な事件を解決していく正太郎の姿は危機に瀕していても格好いいです。また、3巻からは新しく物部書店に仲間が増えたこともあり、今後のストーリー展開にどのような役割を担っていくのかに注目していきたいです。

また、正太郎とシロの関係性は今までと同じようにドライですが、そこにマユが入ってきたことによっていい意味で二人の仲をかき乱してくれるのではないかという期待もあります。

3巻の本編の最後のほうでは、なにやら不穏な雰囲気を感じさせる会話がされており、3巻以降のストーリーが今まで以上に盛り上がっていくのではないかと予感させます。

正太郎を取り巻く人々と今後のストーリー展開に期待が膨らみます。 3巻では本編以外に番外編が2編収録されています。注目したのが、正太郎がまだ人間だったころの話です。

正太郎の唯一の友人清の視点から正太郎のことが描かれていて、新鮮な感じを受けました。また、現在の正太郎がいつも体を張り怪我だらけなのに対して、人間だったころの正太郎は病気がちで少しそっけない態度で清に接しているのが印象的でした。

キャラクターも増え、今後の展開も盛り上がること間違いなしだと思います。

 

前巻のあらすじ

2巻のあらすじです。

鬼畜の書、見るべからず、読むべからず。 読めば鬼と化す「鬼書」を回収して廻る古書店主・正太郎と少年・シロ。二人は「鬼書」に関係する、とある作家のもとを訪れるが…?話題沸騰『レトロ×怪奇×主従』猟奇的和風幻想譚、待望の第2巻!

(引用:https://www.cmoa.jp/title/99687/vol/2/

スポンサードリンク

感想・レビュー