[ラノベ] 聖樹の国の禁呪使い(9巻→10巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、[ラノベ]聖樹の国の禁呪使い(10巻)の発売日を掲載しています。最新刊9巻は2017/11/22に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

聖樹の国の禁呪使い(10巻-最新刊)の発売日はいつ?

未定
です。

前巻発売日:2017/11/22、当ページ更新日:2018/11/21
[ラノベ]「聖樹の国の禁呪使い」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“聖樹の国の禁呪使い”は約3~5か月のペースで新刊が発売されていましたが、9巻発売には10か月かかり10巻発売は目途が立っていません。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊(9巻)

タイトル:聖樹の国の禁呪使い 9 (オーバーラップ文庫)
発売日:2017/11/22

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“聖樹の国の禁呪使い”発売日一覧

“聖樹の国の禁呪使い”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2014/10/23
2巻 2015/1/22
3巻 2015/4/23
4巻 2015/9/18
5巻 2016/1/22
6巻 2016/4/22
7巻 2016/8/24
8巻 2017/1/24
9巻 2017/11/22
10巻

新刊の発売頻度

聖樹の国の禁呪使いの新刊発売間隔:約3~5か月

聖樹の国の禁呪使いは約3~5か月ごとに新刊が発売されています。
9巻発売までに10か月かかり、そのあとは発売されるかどうかもきわどいラインです。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:聖樹の国の禁呪使い(読み方:せいじゅのくにのきんじゅつかい)

著者:篠崎芳
イラスト: 〆鯖コハダ

出版社:オーバーラップ
レーベル:オーバーラップ文庫

小説家になろう:聖樹の国の禁呪使い

作品概要:

スポンサードリンク

大学卒業後、就職活動に失敗し引きこもっていた相楽黒彦。ある日彼は死に場所を求めて山の中をさまよっているさなかに、剣鍔迫り合い魔法飛び交う異世界に飛ばされてしまう。
その異世界で十代半ばに若返った黒彦は気を失っている所を助けられ、その世界で眉唾物と思われていた、長い間誰も読むことのできなかった禁呪の呪文書をいとも容易く読めてしまって事により、その世界にある聖樹を守る騎士『聖樹士』を育成する学園に半強制的に入学することになる。
黒彦はその学園の中で唯一の禁呪使いとして、数々の仲間、敵と出会い人間として成長していきながら禁呪しとしても成長していく話。
禁呪の謎も少しずつ分かっていくし、沢山の魅力的な女性キャラクターも出てくるハーレム要素もある。
また、男性受けのいい成り上がり要素もあり、時に話の内容がグロテスク、ダークな表現もある話。

(2018年11月時点でwikiなし)

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

9巻あらすじ

[ラノベ]”聖樹の国の禁呪使い”(9巻)のあらすじは以下の通りです。

聖武祭が終わり、クロヒコの暑期休暇も終わりを迎えようとしていた。セシリーとの約束でアークライト家に宿泊したクロヒコは、新たな禁呪を得られる可能性のある《特級聖遺跡》の攻略計画を語り、着実に準備を進めていく。マキナの計らいで聖王への謁見を果たしたクロヒコは、『学園の聖遺跡攻略の最高記録を更新する』ことを条件に《特級聖遺跡》の攻略を認められる。条件を達成するべくキュリエとともに新たな仲間を探し始めるが、人選に難航し……!?「あの男には絶対、勝たなくてはならないんです」《特級聖遺跡》編開幕! 異世界バトルファンタジー、第9巻!

(引用:amazon