カムヤライド(1巻→2巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、カムヤライド(2巻)の発売日を掲載しています。最新刊1巻は2018/10/12に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

カムヤライド(2巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年7月12日(予定)
です。

前巻発売日:2018/10/12、当ページ更新日:2019/5/24
「カムヤライド」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“カムヤライド”は約9か月のペースで新刊が発売されています。2巻の発売日は2019年7月12日に予定されています。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「カムヤライド」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索する
・Renta!で検索する
・eBookJapanで検索する

発売済み最新刊(1巻)

タイトル:カムヤライド 1 (乱コミックス)
発売日:2018/10/12

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“カムヤライド”発売日一覧

“カムヤライド”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2018/10/12
2巻 2019/7/12

新刊の発売頻度

カムヤライドの新刊発売間隔:約9か月

カムヤライドは約9か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は9か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:カムヤライド

著者:久 正人

出版社:リイド社
レーベル:乱コミックス

作品概要:

時は4世紀。天孫降臨により、日向(現在の宮崎県)が壊滅してから200年後、ヤマト朝廷が日本を支配する時代。ある時、熊襲の地でカワカミタケルが国を乗っ取り、ヤマトへの反旗を翻して騒乱を起こす。オウスの王子、ヤマトタケルは自らの武名をあげるべく、軍を率いて鎮圧へと乗り出した。だが、熊襲で待ち受けていたのは、異形の存在・土蜘蛛に変化したカワカミタケルと、200年前にヤマト族によって討伐されたはずの国津神だった。その恐るべき力によって軍は全滅し、危機に陥るヤマトタケル。そこへ現れる、ハニワ売りの露天商の男・モンコ。彼こそは、蘇った国津神たちに唯一対抗できる戦士・カムヤライドなのだ!
人と神の境で門を閉じるべく、日本を旅するモンコとヤマトタケル。そして、各地に眠る国津神を復活させる謎の男。今、日本最古の変身ヒーローが立ち上がる。

スポンサードリンク

(2018年11月時点でwikiなし)

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

1巻あらすじ

“カムヤライド”(1巻)のあらすじは以下の通りです。

天孫降臨から200年。強大な力を持つ国津神(土着神)のもと、有力な豪族たちがそれぞれの領地を治めていた時代を経て、国津神を封印したヤマト族の王が列島を統べる古墳時代。内乱の時代も終わり、日本中に平和が訪れていたのだが……。封印されていた国津神を覚醒させる謎の人物によって、日本各地に叛乱の火種が撒き散らされていた。
熊襲で起きた叛乱の首謀者・カワカミタケルは、覚醒した熊襲の国津神に、人知を超えた力を与えられた怪人であった。オウスの皇子(後のヤマトタケル)が率いるヤマトの叛乱鎮圧軍は、カワカミタケルの前に全滅しかけるが、オウスが安芸の地で出会った埴輪売りの露天商・モンコが現れ、状況は一変。
モンコは埴輪を媒体にして、国津神の強大な力に唯一対抗することができるカムヤライドへと変身したのであった。古代、巨神、異形の民、ヤマト朝廷ーー日本最古の変身ヒーロー・ファンタジー!!

(引用:amazon