[最終巻] 甘々と稲妻(11巻→12巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、甘々と稲妻(12巻)の発売日を掲載しています。(12巻で完結しました。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

甘々と稲妻(12巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年2月7日(予定)
です。

前巻発売日:2018/7/6、当ページ更新日:2019/2/7
「甘々と稲妻」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“甘々と稲妻”は約4~7か月のペースで新刊が発売されています。12巻の発売日は2019年2月7日に予定されています。
(※発売日は変更される可能性があります)
甘々と稲妻は12巻が最終巻となります。アニメ化も成功し、多くのファンに愛された作品でした。完結おめでとうございます!!

発売済み最新刊(11巻)

タイトル:甘々と稲妻(11) (アフタヌーンKC)
発売日:2018/7/6

Amazonで購入する楽天で購入する

“甘々と稲妻”発売日一覧

“甘々と稲妻”のこれまでの発売日は以下の通りです。

スポンサードリンク
巻数 発売日
1巻 2013年09月06日
2巻 2014年03月07日
3巻 2014年09月05日
4巻 2015年03月06日
5巻 2015年09月07日
6巻 2016年03月07日
7巻 2016年07月07日
8巻 2017年01月06日
9巻 2017年07月07日
10巻 2018年01月05日
11巻 2018年07月06日
12巻 2019年02月07日

新刊の発売頻度

甘々と稲妻の新刊発売間隔:約4~7か月

甘々と稲妻は約4~7か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は4~7か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:甘々と稲妻

著者:雨隠ギド

出版社:講談社
レーベル:アフタヌーンKC
連載:good!アフタヌーン

公式サイト:http://afternoon.moae.jp/lineup/217

作品概要:

2013年より「good!アフタヌーン」で連載されていた漫画で、2018年8月7日発売の9月号を最後に、完結した。2018年10月号からは番外編という形で連載が続けられた。2016年7月にはテレビアニメ化。主演の中村悠一さんのお父さんボイス、ばらかもんでもお馴染みの遠藤璃菜ちゃんの子役ボイスがマッチしており、評価が高かった。
主人公である「犬塚公平」は妻を亡くし、5歳の娘と二人暮らしをしていた。仕事は高校の数学教師である。
つむぎを育てることに必死で、いろいろと頑張ってはいたのだが、「食事」に関しては自分が無頓着なせいで、つむぎの食事に気を配っていなかったことに気が付く。教え子であり、料理家の娘である「飯田 小鳥」(小鳥ちゃん)の助けを借りながら、おいしい料理をつくるようになり、つむぎとお父さんが二人三脚で成長していく物語。子供特有の悩みや、子供を持つ親の悩みが的確に描かれており、親子の愛情・絆を再確認できる作品でもある。

スポンサードリンク

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

11巻あらすじ

“甘々と稲妻”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

『good!アフタヌーン』で連載中!既刊も続々重版、累計270万部超の大人気食卓ドラマ。妻を亡くした高校教師・犬塚は、単身で娘・つむぎの子育て中。料理が苦手な彼だが、ひょんなことから教え子の小鳥と一緒にご飯を作って、娘と3人で食べることに!この頃、反抗気味になってきたつむぎ…娘の大事な成長の過程にどう向き合う?一方、高校卒業の小鳥は、秘めた想いを犬塚に伝えることに!

(引用:https://honto.jp/ebook/pd_29140327.html)

8巻あらすじ

第8巻は、まずつむぎちゃんの小学校生活が始まりましたので小学校ネタがてんこ盛りです。まず、上級生との集団登校から始まって給食、そして苦手なお友達との遭遇とちょっと大げさですが、その克服。
更には運動会まであって、更には、つむぎちゃんの歯が乳歯から永久歯への生え変わりのネタまでとまさに小学校低学年ならではのネタをふんだんに詰め込んだ盛りだくさんのお話です。更に小鳥さんのお話としても進展のある巻です。高校三年生の小鳥さん、当たり前ですが進路決定の時期となりまして、そちらでも色々と展開がある巻です。まずは、進路決定に対して父母を含んだ家族3人での家族会議となりました。そこで、小鳥さん的には単純に家でやっているお店を継ぎたい。が希望だったのですが、ここで『はい、そうですね。』では話が盛り上がらないのでしょうか。『もう少し考えましょう。』っとダメ出しをされてしまいますが、紆余曲折したものの、なんとかご両親を説得してそちらの方向へと進みだした小鳥さんでした。