【ラノベ】「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の感想・レビュー

当ページは【ラノベ】「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

典型的なろう系だと思ったら、よくできたファンタジー小説だった

読もうと思ったきっかけは、アニメ化されて少し気になっていたからです。アニメが面白かったので、原作も面白いのだろうと思い購入しました。すると、期待値を上回る面白さでした。この作品の見どころは、現実から異世界に魔王として召喚された主人公が自分の魔法で奴隷としてしまった女の子たちを非常に大切に思い、戦いなどが起これば最優先で助けようとするところです。その主人公の行動には男らしさを感じました。主観ではありますが、なろうもののよくあることとしてヒロインの過去をあまり掘り下げないままで話を進めることがよくあるのですが、この作品はきっちりヒロインの過去に触れていきながら、主人公を含めヒロインもお互いに過去のトラウマに打ち勝とうと成長していく話がとても好きです。

(既読巻数:3巻、ハンドルネーム:久方)

感想・レビュー