【漫画】「レディ・ジャスティス」の感想・レビュー(完結)

当ページは【漫画】「レディ・ジャスティス」の感想・レビューを掲載しています。
レディ・ジャスティスは2巻で完結しています。

以下のサイトで「レディ・ジャスティス」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

この漫画の感想

週刊少年ジャンプで2015年に連載されていました。
作者は荻野ケン先生です。
作品をおおざっぱにいうとスーパーマンの女性版で少年誌的なHなサービスシーンが多くある漫画です。
剣崎天利(けんざきあめり)というスーパーパワーを持った高校生の女の子が主人公で剛寒市(ごうさむし)という犯罪都市で強盗やテロなど犯罪と戦うストーリーです。
見どころはサービスシーンの部分で、本編では戦うたびに自分のパワーの衝撃や銃や爆発などで服がボロボロに破れ、下着姿や全裸になります。
また、毎回扉絵があるのですが体操着、水着、ラバースーツ、バニーガール、パンチラ、胸露出などのイラストが描かれています。
単行本では露出が増えたり、乳首が描かれるなど本誌より少しHに修正されています。
残念ながら、2巻で打ち切りになってしまいましたがHな成分を気軽に取りたいときにお勧めの漫画です。

(既読巻数:2巻、ハンドルネーム:itsukilove)

感想・レビュー