群青にサイレン(9巻→10巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、群青にサイレン(10巻)の発売日を掲載しています。最新刊9巻は2018/11/22に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

群青にサイレン(10巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年5月25日頃(予想)
です。

前巻発売日:2018/11/22、当ページ更新日:2019/3/4
「群青にサイレン」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“群青にサイレン”は約3~6か月のペースで新刊が発売されています。6か月後に新刊発売とすると、10巻の発売日は2019年3月25日頃になります。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊

タイトル:群青にサイレン 9 (マーガレットコミックス)
発売日:2018/11/22

Amazonで予約する楽天で予約する

スポンサードリンク

“群青にサイレン”発売日一覧

“群青にサイレン”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2015/11/25
2巻 2016/03/25
3巻 2016/07/25
4巻 2017/01/25
5巻 2017/04/25
6巻 2017/10/25
7巻 2018/03/23
8巻 2018/07/25
9巻 2018/11/22
10巻

新刊の発売頻度

群青にサイレンの新刊発売間隔:約3~6か月

群青にサイレンは約3~6か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は3~6か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:群青にサイレン

著者: 桃栗みかん

出版社:集英社
レーベル:マーガレットコミックス
連載:月刊YOU

公式サイト:http://you.shueisha.co.jp/smp/lineup/gunjyou.html

作品概要:

スポンサードリンク

「修二」と「空」、二人の高校球児が織りなす物語です。
少年野球時代、エースにあこがれを抱き野球を続けていた「修二」は、イトコの「空」を野球クラブに誘う。しかし、その先に待っていたのは、「修二」が予想だにしていなかった事態だった。「空」は「修二」の才能を上回り、エースの座を勝ち取ったのだった。
それ以来顔を合わせていなかった二人だったが、高校生になり、再開を果たした。二人は野球部に入ったが、少年野球時代と全く同じ展開を迎えることになってしまう。
エースとなった「空」、エースになれなかった「修二」。
そして「修二」は「空」のキャッチャーとなる道を宣告され……。
ライバルという簡単な言葉では言い表せない二人の関係。二人の関係はやがて……。「修二」と「空」はいったいどのような成長をし、どのように野球と向き合っていくのでしょうか。

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

9巻あらすじ

“群青にサイレン”(8巻)のあらすじは以下の通りです。

捕手経験者の片山が入部し、修二の立場と決意が脅かされる。その悩みを角ヶ谷に打ち明けるも、意に反して、冷たい言葉を投げかけられてしまう。角ヶ谷はなぜ、修二に冷たく当たったのか、それには、角ヶ谷の過去が深く関わっていた──。

(引用:amazon

8巻あらすじ

“群青にサイレン”(8巻)のあらすじは以下の通りです。

3年生が引退し、玄高野球部は再スタート。部員の数が足りなくなる中、新しいメンバーも入部してきた。一方、丈陽学園との試合中に、キャッチャーの楽しさを感じた修二は、空に対して、ある決意を述べて…!?

(引用:https://honto.jp/ebook/pd_29137615.html

4巻あらすじ

大嫌いないとことの空と高校の野球部でバッテリーを組むことになった修二は、ピッチャーとして周りから期待をされている空と、大嫌いな空の球を捕らなければならないキャッチャーの自分の立場を比較し、暗い気持ちを抱えたまま練習に励んでいました。
自分を慕ってくる空に対して冷たい態度をとり続ける修二の態度を見かね、マネージャーの玉井は修二を連れ出し、なんとか二人の仲を取り持とうとしますが、修二は抱えていた空への大嫌いな気持ちを玉井に吐き出してしまいます。
それを聞いてしまった空は、修二への態度を一変させ冷たく接するようになり、バッテリーの相性が最悪の中、二人は練習試合に臨みます。修二のサインを全く聞こうとしない空に修二は試合中にも関わらず詰め寄り、「どうして野球をしているのか」と問いかけます。
そこで空は、自分が幼いころ野球の楽しさを教えてくれた修二ともう一度野球をするために修二と同じ高校へ入ったことを思い出します。そして、空は少年野球時代に、自分の母親が監督と親密な関係になることで修二を少年野球の背番号1番から引きずり下ろし、空にいいポジションを与えたこと、修二を傷つけてしまったことを思い出し、一人苦悩します。
そんな中、修二はキャッチャーとして空とバッテリーを組むためのアドバイスを得るために他校の丈陽高校に出向き、同じキャッチャーの守屋に、「ピッチャーと仲が悪くてもバッテリーは組めるのか」と問いかけます。