【漫画】「黒博物館ゴーストアンドレディ」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「黒博物館ゴーストアンドレディ」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「黒博物館ゴーストアンドレディ」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

藤田和日郎の描く女性は美しい

藤田和日郎さんの作品はどれもこれも好きなのですが、あえて少し外れたところをお勧めしてみようかと思います。
このゴーストアンドレディ、「グレイマン」と「ナイチンゲール」のお話、というとずいぶんさっぱりになりますね。
史実に基づきながらも、イギリスの有名な幽霊「灰色の男(グレイマン)」と、慈愛と信念の女性「フロレンス・ナイチンゲール」のifストーリーとなります。
この本は「学芸員(キュレーター)」による語り部構成となっており、舞台がくるくると目まぐるしく変わるのですが、
これもまさに、ドルーリー・レーン王立劇場の灰色の男…、舞台の大好きなグレイマンにかけた演出構成なのでしょう。まさに流石と言ったところです。
さて、タイトル通り、なんと女性の美しいことか。フロレンスの脆さと儚さは、彼女自身の強さを読者に伝えるための宝石のようなもの。
宝石があることで資質の美しさに磨きがかかるのです。
どの作品にも強い女性は出てきますが、ここまで、傷と涙が似合う強い女性は「フロレンス・ナイチンゲール」だけかもしれません。

(既読巻数:2巻、ハンドルネーム:あんこ)

感想・レビュー