【漫画】「花鬼扉の境目屋さん」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「花鬼扉の境目屋さん」の感想・レビューを掲載しています。
花鬼扉の境目屋さんは4巻で完結しています。

以下のサイトで「花鬼扉の境目屋さん」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

ここ近年の妖怪本ブームはあるけども

この漫画は、感覚的に、ほんのり切ないけれどもキラキラしています。
線が細く絵の書き込みも細かいので、キラキラして見えるというのもあるんですけども…。
花房実という、ちょっぴり気弱で頼りなさげな境目屋【人間界での移住・生活を望む妖怪の、手助けをする職業】のもとに訪れた妖怪たちを、
優しく温かく手助けしていくお話です。
基本的にどの妖怪たちもハッピーエンドですが、やはり妖怪ならでは(?)の悲しい経験や出来事があり、そこが切なポイントを付いてきます。
それでも、克服して旅立っていく妖怪たちはキラキラと輝いているのです。
妖怪たちのビジュアルも、丁寧に細かく描き込まれていてかっこかわいい!
ここ近年いろんな妖怪本、特に「人間と共存していく」系は多々ありますが、妖怪の苦悩という切なポイントが丁寧に描かれているのはツボでした!

(既読巻数:4巻、ハンドルネーム:あんこ)

感想・レビュー