【漫画】「終わらない不幸についての話」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「終わらない不幸についての話」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「終わらない不幸についての話」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想・レビューを募集しており、寄稿された感想を紹介しています。)

8年越しの片思いが実る時

自分の好きな人は、背が低くて、かわいくて、髪の長い、そんな女の子が好き。間違っても自分のようなごつくて背が高くて、ましてや男の俺を好きになってくれることはない。わかっているのに自分では気持ちをどうすることもできない。そんな一途な片思いのお話です。一見攻めのような見た目のハイスペックイケメンの鳥童(受)ですが、8年間も清竹に片思いをしています。そのこじらせ具合もすごく、清竹の彼女を奪ったり、酔っている清竹を襲ったり…。暴走するわりに臆病で、この恋はかなうわけがないと決めつけており、でも自分ではどうすることもできないから、『自分では終わらせられなかったこの恋を、お前が終わらせてくれ。』と清竹にぶつけます。そんな鳥童の気持ちを知った清竹は…。長い片思いが実る瞬間、せつなくて幸せになれる作品です。

(既読巻数:1巻、ハンドルネーム:さら)

感想・レビュー