【ラノベ】「東京レイヴンズ」の感想・レビュー

当ページは【ラノベ】「東京レイヴンズ」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「東京レイヴンズ」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するeBookJapanで検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想・レビューを募集しており、寄稿された感想を紹介しています。)

陰陽道バトルファンタジー

霊的災害、通称「霊災」に立ち向かう現代の陰陽師になるべく奮闘する少年、少女の闘いと成長を描いたライトノベルです。作品の主題として「現代に蘇った陰陽道」があげられます。陰陽術を駆使する戦闘シーンは文字を追っているだけなのに臨場感に溢れ、引き込まれてしまいます。どの巻も一気読み必死の面白さです。また主人公、土御門春虎とその幼馴染、土御門夏目のなかなか進展しない恋愛模様も必見。最初の方は初々しい恋愛であったものが物語が進むにつれて時代をまたいだ壮大なロマンスへと発展します。陰陽術バトル、恋愛、どのシーンをとっても一級のエンターテイメント作品です。

(既読巻数:16巻、ハンドルネーム:hmr)

感想・レビュー