【ラノベ】デート・ア・ライブ アンコール(6巻)-感想。

デート・ア・ライブ アンコール(6巻)の感想です。

6巻の感想

今回の表紙は美九。アンコール恒例の躍動感あるポーズで胸が物凄く躍動してます。短編集も6冊目となりましたが、今回も各話面白かったです。全体的に二亜が活躍する話が多め。

二亜がデレてからの話が収録されているからでしょうね。最近丸くなったと言われる折紙さんですが、精霊ニューイヤーでは相変わらずの暴れっぷりで、逆に安心しました。精霊総登場(きょうぞうちゃんは除く)かつサービス満点の話はデートの醍醐味だと思います。二亜ギャルゲーでは二亜の積極性とかなんだか良い雰囲気になっちゃう二人とか、個別回ならではのヒロインとのイチャイチャが見れます。

ゲーム内のヒロインはやっぱり鞠奈ちゃんなんだろうなぁ……。精霊アニメーションでは七罪がまた万能っぷりを発揮し活躍しました。七罪が頑張ると見てるほうが嬉しくなります。

精霊オンライン、オフラインでは士織ちゃんが登場。というか女キャラでアバターを作られた士道なんですけど、士織ちゃんが登場するとお得感がありますね。ゲーム的に言うとレアリティ。六喰ヘアーでは本編でもデレたばがりの六喰回。

珍しく自分のミスでピンチに陥る士道が必死に誤魔化そうとするのが辛い。なんだかんだ許してくれる六喰はやっぱり良い子なんだなぁと。それにしても挿絵のあの体つきで琴里と同じくらいの身長とは思えない……。今回も面白い話ばかりで、本編だけでなく短編集もまだまだ出るでしょうし、次巻が楽しみです。次は七罪表紙ですかね。

6巻のあらすじ

6巻のあらすじです。

大人気ライトノベル「デート・ア・ライブ」の短編集第6弾今回の収録作は6つ。

精霊達が新年に五河家ですごろくゲームに興じる「精霊ニューイヤー」では普通に楽しむ士道達に紛れて折紙や二亜が無理難題な恥ずかしい指令をだしまくる。

士道と二亜が難攻不落のギャルゲーに挑戦する「二亜ギャルゲー」では、ゲームクリアのため、二人が力を合わせてヒロインをデレさせるため奮闘し、二亜原作の漫画がアニメ化されることになるる「精霊アニメーション」では、見学に来ていた精霊達が声優としてアニメに参加することになってしまう。

スポンサードリンク

精霊達がポラリス・オンラインというオンラインゲーム内で騒動を起こす「精霊オンライン」と、後編「精霊オフライン」では謎の敵を相手にゲーム内で闘い。

さらに、描き下ろしで士道が六喰の散髪をすることになるが、アクシデントで六喰の毛を切りすぎてしまうという「六喰ヘアー」では、精霊達の仲間に入ったばかりの六喰に髪を切りすぎてしまったことをバレないように何とか誤魔化そうと士道達が必死で頑張ります。

 

感想・レビュー