夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~(23巻→24巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~(24巻)の発売日を掲載しています。最新刊23巻は2018/11/9に発売されています。[限定版])
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~(24巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年7月9日(予定)
です。

前巻発売日:2018/11/9、当ページ更新日:2019/6/2
「夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~」
最新発売状況はコチラ

Amazonで購入する楽天で購入する
描き下ろしイラストカレンダー付き 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~(24)限定版 (講談社キャラクターズA)が同時発売!

“夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~”は約3~9か月のペースで新刊が発売されています。24巻の発売日は2019年7月9日に予定されています。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

発売済み最新刊(23巻)

タイトル:夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~(23) (シリウスコミックス)
発売日:2018/11/9

Amazonで購入する楽天で購入する
描き下ろしイラスト手帳(2019年)付き 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~(23)限定版 が同時発売!

“夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~”発売日一覧

“夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~”のこれまでの発売日は以下の通りです。

スポンサードリンク
巻数 発売日
1巻 2006年9月22日
2巻 2007年3月23日
3巻 2007年9月21日
4巻 2008年4月23日
5巻 2008年8月22日
6巻 2008年12月22日
7巻 2009年9月23日
8巻 2010年4月23日
9巻 2010年10月8日
10巻 2011年4月8日
11巻 2011年11月9日
12巻 2012年8月9日
13巻 2013年4月9日
14巻 2013年10月9日
15巻 2014年2月7日
16巻 2014年11月7日
17巻 2015年8月7日
18巻 2016年3月9日
19巻 2016年9月9日
20巻 2017年4月7日
21巻 2017年12月8日
22巻 2018年8月9日
23巻 2018年11月9日
24巻

新刊の発売頻度

夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~の新刊発売間隔:約3~9か月

夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~は約3~9か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は3~9か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~

著者: ヤスダスズヒト

出版社:講談社
レーベル:シリウスKC
連載:月刊少年シリウス

公式サイト:http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000002734

作品概要:

巨大な桜の木が七本取り囲んでいる桜新町を舞台に繰り広げられる、人外達の異能バトル漫画作品の決定作!桜の色どり華やかな町に、人間は勿論の事、日本古来から生息する妖怪や、その血を引いた半妖が平和に暮らしているも、それら妖を駆る事を生業とする妖怪ハンターなどが騒動を起こし、ついには現地神様までもが騒動に加わり大混乱。
毎日がにぎやかで騒がしい日々を送る、そんな町の町長を務める現役女子高生の槍桜ヒメと、比泉生活相談事務所の所長である、自称ただの人間の比泉秋名が仲間達と共に、騒動を収めていく。
人や動物の心読み解く妖怪サトリの血を引く七海アオと、発した言葉を全て現実化してしまう言霊使いの半妖の五十音ことはや、ヒメのお目付け役で御世話役の保護者な鬼の妖怪・岸恭助などを交えて挑む──と、ファンタジーアクションとハートフルなコメディな今作は、異能が活躍し、異形に挑む、ライトな感覚の漫画作品です。
妖怪であることを悩み、異形であることを恐れ、その終焉の地とも言える場所である桜新町。でもその町はそんな人々を受け入れる優しい町で、多くの人々が笑顔を持って暮らせる場所でもありました。そんな町が抱える、調律と言う儀式と、長きにわたる因縁など、見ごたえ十分な漫画作品です。
この作品は、デュラララ!! などで有名なイラストレーターのヤスダスズヒト先生による、月刊少年シリウスで連載している漫画作品です。
二度目のテレビアニメ化を始め、個性派ぞろいのキャラクター達が魅せてくれる漫画作品でもあります。人と妖怪の共存する町である桜新町を舞台に、様々な思惑が交差する──と、一見シリアスな展開であるも、内容は実にハートフルなコメディタッチで描かれ、決める時は決めるアクションな展開は勿論の事、ファンタジー感あふれる壮大な展開なども盛りだくさんと、見ごたえ十分な内容です。
それにこの作品で忘れてはいけないのは、イラストレーターのヤスダスズヒト先生による、キャラクター造形の愛らしさ等が見どころとなります!細く華奢で、繊細なタッチで描く、ヤスダスズヒト先生のキャラクター造形。女性の独特な美意識が込められた、個性がにじみ出る表現と、アクションなどの躍動感のある展開。見ていて楽しい気持ちへと導いてくれる内容は、初めて読む読者をすぐ様に虜にしてくれます!
妖怪や半妖に神様など、壮大稀有かつ奇想天外な異能と異形達の関わる様々な物語を見てみたい方に、是非におススメしたい作品です。

スポンサードリンク

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

23巻あらすじ

“夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~”(23巻)のあらすじは以下の通りです。

秋名の先祖であり、比泉家本家・応秋の正体は、まさかの……!? 応秋が円陽を含む分家7人を「あの世」に送った真相が明かされる。それは強大な力を持ち過ぎた人間の孤独さゆえ、起こり得た哀しき顛末。更に分家の子孫である比泉円神の意外な出自も今ーーー!!

(引用:amazon

22巻あらすじ

“夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~”(22巻)のあらすじは以下の通りです。

神社の祭具(鏡)と思われていた物は、500年前に土地神・雄飛により生み出された驚愕のーーー。それは全ての発端となった(本家が分家を「あの世」送りにした)、比泉家秘史とも言うべき禁断の真実が今、明かされる。

(引用:https://honto.jp/ebook/pd_29195949.html