[ラノベ] 魔王学院の不適合者(5巻[4下巻]→6巻[5巻])最新刊の発売日ならココ!

当ページは、[ラノベ]魔王学院の不適合者(6巻[5巻])の発売日を掲載しています。最新刊5巻[4下巻]は2019/5/10に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

魔王学院の不適合者(6巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年9月10日頃(予定)
です。

前巻発売日:2019/5/10、当ページ更新日:2019/5/10
[ラノベ]「魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~”は約2~4か月のペースで新刊が発売されています。4か月後に新刊が発売されるとすると、6巻の発売日は2019年9月10日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「魔王学院の不適合者」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索する
・Renta!で検索する
・eBookJapanで検索する

発売済み最新刊(5巻)

タイトル:魔王学院の不適合者4〈下〉 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ (電撃文庫)
発売日:2019/5/10

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“魔王学院の不適合者”発売日一覧

“魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2018/3/10
2巻 2018/7/10
3巻 2018/11/10
4巻 2019/3/9
5巻(4巻下) 2019/5/10
6巻

新刊の発売頻度

[ラノベ]魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~の新刊発売間隔:約2~4か月

魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~は約2~4か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は2~4か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~(読み方:まおうがくいんのふてきごうしゃ ~しじょうさいきょうのまおうのしそ、てんせいしてしそんたちのがっこうへかよう~)

著者:秋
イラスト:しずま よしのり

出版社:KADOKAWA
レーベル:電撃文庫

小説家になろう:魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~
公式サイト:魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫 … – 電撃文庫

作品概要:

スポンサードリンク

当作品はいわゆる「俺tueee」といったジャンルの作品である。元がネット小説であるため文体が短く、非常に読みやすい。しかし文章は詰まっており、心的描写が少ないがそれを感じさせないほどにテンポの良い会話が先へとページを捲らせる。かつて最強と恐れられた魔王。その転生した姿が主人公である。2000年の時を経て転生した先では、いずれ生まれてくる魔王を迎え入れるために魔王学院という制度が整っていた。しかし入学してすぐに愕然とする。「なんだこれは……弱すぎる」。
かつての力を全て使いこなし、現代の弱った魔族にとっては信じがたいほどの強さを誇る。しかしその魔王の信条は「愛が世界を救う」。やるせない悲しみも血筋のしがらみも、腐った権力も。全てをなぎ倒し、その上に君臨する。「くはは。殺したぐらいで、俺が死ぬとでも思ったか?」全ては平和な愛のある世界を作るために。

(2019年1月時点でwikiなし)

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

5巻(4巻下)あらすじ

[ラノベ]”魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~”(5巻)のあらすじは以下の通りです。

偽りの魔王アヴォス・ディルヘヴィア、その正体は伝承から生まれた大精霊であり、ミサのもうひとつの側面だった。アノスは大精霊アヴォス誕生の秘密を知るため、《時間遡行》によって二千年前のアハルトヘルンを訪れる。そこで目にしたのは、天父神の卑劣な計略によって、ひとつの家族の愛と絆が無残にも引き裂かれる瞬間だった――。
「二千年前の悲劇はもう幕引きだ。これから、すべてを取り返しに行こう」
あらゆる理不尽、あらゆる悲劇、我が眼前ではただ滅べ――!! Webでも大反響を得たシリーズ最大のエピソード《大精霊編》感動のクライマックス!!

(引用:amazon

4巻あらすじ

[ラノベ]”魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~”(4巻)のあらすじは以下の通りです。

偽りの魔王が画策した魔族と人間の戦争を阻止したアノス。しかし突如として魔王の再臨と絶命を見せ付けられたディルヘイドは、未だ混乱の渦中にあった。
その機を見据えたように《魔王学院》に現れた新任の教師。その正体は二千年前、神話の時代よりアノスと敵対する神族のひと柱、天父神ノウスガリアだった。
「神の知恵を授けよう。暴虐の魔王アノス・ヴォルディゴード。君を滅ぼす新たなる神の子は――この学院にいる」
神すら滅ぼすアノスを世界から排除せんと、神話の戦いが今、再び幕を上げる!!
暴虐の魔王があらゆる理不尽を粉砕する痛快ノベル――第四章《大精霊編》!!

(引用:amazon

3巻あらすじ

[ラノベ]”魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~”(3巻)のあらすじは以下の通りです。

《勇者学院》との交流のため人間の都を訪れた魔王学院の生徒たち。しかしこの平和な時代にあってなお、人間たちの胸の内には魔族への敵意が燻っていた。
互いの力を測るために学院対抗戦が行われるが、アノスたちに先駆け戦った魔王学院三回生は、勇者側の卑劣な罠の前に敗れ去る。その上さらに敗者の名誉を踏みにじる勇者たちに対し、暴虐の魔王とその配下たちが下す決断は――!?
そして、二千年を経ても癒えぬ魔族と人間の禍根を目の当たりにしたアノスの前に、ついに偽りの魔王がその姿を現す。
暴虐の魔王が新時代に刻む覇道の軌跡――怒涛の第三章《勇者学院編》!

(引用:amazon