[ラノベ] エロマンガ先生(11巻→12巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、[ラノベ]エロマンガ先生(12巻)の発売日を掲載しています。最新刊11巻は2019/1/10に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

エロマンガ先生(12巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年7月10日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/1/10、当ページ更新日:2019/3/4
[ラノベ]「エロマンガ先生」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“エロマンガ先生”は約5~6か月のペースで新刊が発売されています。6か月後に新刊発売とすると、12巻の発売日は2019年7月10日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊(11巻)

タイトル:エロマンガ先生(11) 妹たちのパジャマパーティ (電撃文庫)
発売日:2019/1/10

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“エロマンガ先生”発売日一覧

“エロマンガ先生”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2013年12月10日
2巻 2014年05月10日
3巻 2014年10月10日
4巻 2015年03月10日
5巻 2015年09月10日
6巻 2016年03月10日
7巻 2016年08月10日
8巻 2017年01月10日
9巻 2017年06月09日
10巻 2018年07月10日
11巻 2019年01月10日
12巻

新刊の発売頻度

[ラノベ]エロマンガ先生の新刊発売間隔:約5~6か月

エロマンガ先生は約5~6か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は5~6か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:エロマンガ先生

著者: 伏見 つかさ
イラスト:かんざき ひろ

出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
レーベル:電撃文庫

公式サイト:https://dengekibunko.jp/title/eromanga/

作品概要:

スポンサードリンク

「エロマンガ先生」は、2013年より電撃文庫から発刊されているライトノベルです。2014年に漫画化、2017年にアニメ化されています。著者は伏見つかさ、イラストはかんざきひろの「俺妹」コンビの作品です。高校生にしてライトノベル作家として本を世に送り出している主人公「和泉 正宗」は、引きこもりの義理の妹「和泉 紗霧」と生活を共にしていた。ともにするといっても、紗霧が部屋から出てくることはなく、家事が一人分多いことのほかは、一人暮らしと大差なかった。「正宗=和泉 マサムネ」であり、「紗霧=エロマンガ先生」であることをお互いに認識したのち、この関係は大いに変わっていくことになる。山田 エルフや千寿 ムラマサといったラノベ作家のライバル(妹にとっては恋のライバル……?)たちとの出会い、そして新しい作品――!
ラノベ作家とイラストレーターという相性ピッタリの義理兄妹の恋の行方は――?

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

11巻あらすじ

“エロマンガ先生”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

エルフの猛アプローチによって、マサムネは紗霧と喧嘩をしてしまう。悩める兄妹は、それぞれ親しい人たちに恋愛相談を始めるのだが……。智恵やめぐみ、鈴音と恋バナをすることになったマサムネは、カラオケボックスの個室に連れ込まれて……。
一方紗霧が、恋愛相談の相手として選んだのは、とある妹好きのオタク美少女で……。乗せられた紗霧は、『新妻妹』へと進化する。和泉家で催されたパジャマパーティに集ったのは、紗霧、ムラマサ、めぐみ、アルミ、京香。
「私の」「あたしの」「オレ様の」
「好きな人は――――」
女の子だけの恋バナで、彼女たちの秘められた想い人が明らかになる――!

(引用:amazon

10巻あらすじ

“エロマンガ先生”(10巻)のあらすじは以下の通りです。

『エロマンガ先生』待望の最新刊! 年下の先輩作家・千寿ムラマサがマサムネに……!?
「兄さん……一緒に、寝てもいい?」
紗霧との甘い日々を過ごしていたマサムネは、ムラマサの父・麟太郎に呼び出される。千寿ムラマサのえっちすぎる新作小説が大騒動を巻き起こす!
秋――『青春の思い出』を作るため、ムラマサの通う女子校の文化祭に赴いたマサムネたち。
「兄さん! お嬢様の群れをジックリと観察したい!」
「クラスの人気者ですよ、花ちゃんは」
「千寿ムラマサ先生は文芸部の神です」
コスプレ喫茶に占いの館、エルフのミスコン出場などなど、文化祭を巡るうち、謎に包まれていた梅園花の学生生活が明かされていく。そして運命の後夜祭へ……。

(引用:https://honto.jp/ebook/pd_29154336.html)