信長のシェフ(24巻→25巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、信長のシェフ(25巻)の発売日を掲載しています。最新刊24巻は2019/6/13に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

信長のシェフ(25巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年11月13日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/6/13、当ページ更新日:2019/6/13
「信長のシェフ」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“信長のシェフ”は約4~5か月のペースで新刊が発売されています。5か月後に新刊が発売されるとすると、25巻の発売日は2019年11月13日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「信長のシェフ」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

発売済み最新刊(24巻)

タイトル:信長のシェフ 24巻 (芳文社コミックス)
発売日:2019/6/13

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“信長のシェフ”発売日一覧

“信長のシェフ”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2011年8月9日
2巻 2011年10月14日
3巻 2012年2月16日
4巻 2012年6月16
5巻 2012年10月16日
6巻 2013年1月16日
7巻 2013年6月15日
8巻 2013年10月16日
9巻 2014年2月15日
10巻 2014年7月8日
11巻 2014年10月16日
12巻 2015年2月16日
13巻 2015年7月16日
14巻 2015年11月16日
15巻 2016年4月16日
16巻 2016年8月16日
17巻 2016年12月16日
18巻 2017年4月14日
19巻 2017年8月16日
20巻 2017年12月15日
21巻 2018年5月16日
22巻 2018年9月14日
23巻 2019年1月16日
24巻 2019年6月13日
25巻

新刊の発売頻度

信長のシェフの新刊発売間隔:約4~5か月

信長のシェフは約4~5か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は4~5か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:信長のシェフ(読み方:のぶながのしぇふ)

原作:西村ミツル
漫画:梶川卓郎

出版社:芳文社
レーベル:芳文社コミックス
連載:週刊漫画TIMES

作品概要:

「ケン」は、気づけば着の身着のまま、そして「記憶を失った状態で」織田信長の統治する戦乱の世にタイムスリップしていた。
信じられるのは平成で培った料理に関する知識と、この料理の腕だけ。自分のことを助けてくれた刀鍛冶を営む「夏」のことを想いながら、信長のシェフとして戦や謀に巻き込まれながら、時には自らその渦中に飛び込んでいきながら、自らのルーツと記憶を探し求めていく。
非常に印象的なのが、ケンと信長の「主従」としてのあり方だ。ケンは、少々疎いながらも、日本史の大まかな出来事についての知識も記憶にある。つまり、信長が本能寺にて忠臣であったはずの明智光秀の裏切りを受け、その人生に幕を下ろすことになるということも…
自分一人の感情で歴史を変えてはいけない、そもそも歴史を変えるほどの力など自分にはない…と諦めようとしながらも、物語が進むにつれ、ある条件が揃えば「信長が死なない、光秀と仲たがいしない」歴史に導くことが出来る可能性に気がつく。
そうそうたる戦国武将たちを歴史上の英雄ではない、目の前にただ存在する一人の男として見、関わったケンだからこそ願ってしまう「本能寺の変のない歴史」。
その思いに行き着くまでの道筋の描き方も非常にほ見応えがある。
随所に散りばめられた史実とケンの関わり方も見事だ。
可能性に気づいたケンがどう動くのか、その思いは成し遂げられるのか。
物語は今、大きな山場を迎えようとしている。

スポンサードリンク

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

24巻あらすじ

“信長のシェフ”(24巻)のあらすじは以下の通りです。

天下統一が現実的に見えてきた信長は統一後を見据え始めた。その一つが海の外との交易の一元化。そのためにケンは信長から命じられ瀬戸の海へ出たが、そこで待っていたのは!?信長がケンに与えた命とは!?織田と毛利、水面下の攻防が展開する!

(引用:amazon

23巻あらすじ

“信長のシェフ”(23巻)のあらすじは以下の通りです。

かつてケン達現代人を襲った三好党。その残党・三好康長は織田家に下っていた。歴史を変え、本能寺の変を止めるにはもう一人の現代人・望月が必要だと考えたケンは、その手がかりを得るため康長に会いに向かったが!?

(引用:amazon

22巻あらすじ

“信長のシェフ”(22巻)のあらすじは以下の通りです。

織田信長と上杉謙信の密談をお膳立てするため、武田の捕虜として上杉の陣中に入ったケン。だが、謙信に献上した料理に使われた芋が毒だと嫌疑を掛けられ…!?また、信長と謙信の密談を知らず、謙信を討とうと迫る秀吉。全てを壊す戦の危機が!

(引用:amazon