不機嫌なモノノケ庵(13巻→14巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、不機嫌なモノノケ庵(14巻)の発売日を掲載しています。最新刊13巻は2019年3月22日に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

不機嫌なモノノケ庵(14巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年9月22日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/3/22、当ページ更新日:2019/3/22
「不機嫌なモノノケ庵」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“不機嫌なモノノケ庵”は約5~6か月のペースで新刊が発売されています。6か月後に新刊が発売されるとすると14巻の発売日は2019年9月22日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊(13巻)

タイトル:不機嫌なモノノケ庵(13) (ガンガンコミックスONLINE)
発売日:2019/3/22

Amazonで予約する楽天で予約する

スポンサードリンク

“不機嫌なモノノケ庵”発売日一覧

“不機嫌なモノノケ庵”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2014年6月21日
2巻 2014年9月22日
3巻 2015年2月21日
4巻 2015年5月21日
5巻 2015年11月21日
6巻 2016年6月22日
7巻 2016年9月21日
8巻 2017年3月22日
9巻 2017年8月22日
10巻 2018年1月22日
11巻 2018年6月22日
12巻 2018年12月21日
13巻 2019年3月22日
14巻

新刊の発売頻度

不機嫌なモノノケ庵の新刊発売間隔:約5~6か月

不機嫌なモノノケ庵は約5~6か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は5~6か月後となるでしょう。(アニメ放送期は発売間隔が短くなっています。)

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:不機嫌なモノノケ庵(読み方:ふきげんなもののけあん)

著者:ワザワキリ

出版社:スクウェア・エニックス
レーベル:ガンガンコミックスONLINE
連載:ガンガンONLINE

公式サイト:不機嫌なモノノケ庵 | ガンガンONLINE | SQUARE ENIX

作品概要:

スポンサードリンク

「不機嫌なモノノケ庵」は、2013年からガンガンONLINEにて連載されている漫画作品である。2016年にはテレビアニメ化されている。
主人公の「芦屋 花繪」が、物怪庵(もののけあん)の二代目主である「安倍 晴齋」に出会い、奉公人として働いていくストーリー。
妖怪系の漫画ってちょっとホラーだったり妖怪が怖いイメージですがこの漫画の出てくる妖怪はみんなどこか可愛らしいなんか憎めないキャラばかりです物語の主人公芦屋花繪は高校入学と同時に道端で瀕死状態だったモノノケに懐かれ具合が悪く学校に行けずじまいそんな時に同じクラスの安倍晴齋が妖怪祓い屋をしている事を知り払ってもらうことにしかしそのお祓い料金が支払えずなくなく安倍と一緒に妖怪祓いの手伝いをして借金を返していくことになります様々なモノノケと出会う事で芦屋と安倍の気持ちにも変化がおこりますまだまだ謎の多い伏線がある物語なので目が離せません出てくるメインキャラクターの司法立法行政やモノノケ庵モジャなど個性豊かなこと見ていて感動したりソワソワゾワゾワしたりほっこりしたり色んな感情が押し寄せてくる作品です

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

13巻あらすじ

“不機嫌なモノノケ庵”(13巻)のあらすじは以下の通りです。

妖怪が棲む隠世は、“隠世姫”の存在により保たれている。その隠世が“祟り”の脅威に晒されることに…。その調査を命じられた芦屋と安倍は、広がる樹海にて祟られて命を落とした妖怪を見つけるが――? 不機嫌主のモノノケ奇譚、別れと再会の第13巻登場です。

(引用:amazon

12巻あらすじ

“不機嫌なモノノケ庵”(12巻)のあらすじは以下の通りです。

“威光”によって、芦屋に妖怪を殺させてしまった安倍。
だが、芦屋はその事実を覚えていない…。悩む安倍は、先代の物怪庵主・アオイの言葉を思い出す。一方、隠世ではある異変が起こり始めていた。集う立法・司法・行政。三権神は、何を話す…?

(引用:amazon

11巻あらすじ

“不機嫌なモノノケ庵”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

今と過去の“物怪庵”。芦屋の父・榮の情報を追っていた安倍は、ヤヒコからその姿と物怪庵と関わりがあったことを知る。物怪庵の先代・アオイの業務報告書からも、その存在が浮かび上がり、榮が“物怪庵の奉公人”だったことと、失踪ではなく別の結末に辿りつき…。
不機嫌主のモノノケ奇譚、過去と現在が交錯する第11巻登場です。

(引用:amazon