魔女の下僕と魔王のツノ(10巻→11巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、魔女の下僕と魔王のツノ(11巻)の発売日を掲載しています。最新刊10巻は2019/6/12に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

魔女の下僕と魔王のツノ(11巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年12月12日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/6/12、当ページ更新日:2019/6/12
「魔女の下僕と魔王のツノ」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“魔女の下僕と魔王のツノ”は約6~8か月のペースで新刊が発売されています。6か月後に新刊が発売されるとすると、11巻の発売日は2019年12月12日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「魔女の下僕と魔王のツノ」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

発売済み最新刊(10巻)

タイトル:魔女の下僕と魔王のツノ 10巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
発売日:2019/6/12

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“魔女の下僕と魔王のツノ”発売日一覧

“魔女の下僕と魔王のツノ”(まじょのげぼくとまおうのつの)のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2014年10月27日
2巻 2015年04月27日
3巻 2015年10月27日
4巻 2016年04月22日
5巻 2016年10月22日
6巻 2017年06月27日
7巻 2017年12月22日
8巻 2018年06月22日
9巻 2018年12月21日
10巻 2019年06月12日
11巻

新刊の発売頻度

魔女の下僕と魔王のツノの新刊発売間隔:約6~8か月

魔女の下僕と魔王のツノは約6~8か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は6~8か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:魔女の下僕と魔王のツノ

作者:もち

出版社:スクウェア・エニックス
レーベル:ガンガンコミックス
連載:月刊少年ガンガン

公式サイト:http://gangan.square-enix.co.jp/introduction/majono/

作品概要:

スポンサードリンク

10歳の見習い魔女「ベティ」とともに暮らすのは、魔物になってしまった元人間であり、ベティの下僕であることを誓った「アルセニオ」。お師匠である魔女「ビビアン」は、体から茨が生えてくるという死の難病にかかっており、死期を悟ったビビアンはベティに後を任せ、自ら仮死病態になった。
ビビアンの病気を治すためには「魔王のツノ」が必要であり、魔王のツノを手に入れるために魔王に戦いを挑むというのが本作のストーリーである。
北の国からビビアンを尋ねにやってきた元男で現美少女の「レイ」や、レイを追ってやってきた青年「ロイド」たちを巻き込み、楽しくも、時に試練がある生活を送ることになる。
アルセニオ(アルセニョ)とレイ、そしてこの二人を取り巻く人々の恋愛模様はどうなる……!?

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

10巻あらすじ

“魔女の下僕と魔王のツノ”(10巻)のあらすじは以下の通りです。

親友・サウロとの長年のわだかまりがようやく解けたアルセニオ。サウロを新たに仲間に加えたみんなは、魔物との共存を目指し、魔王城再建を誓うのだった。そんな中、エリックとロイドの関係に変化が…?

(引用:amazon

9巻あらすじ

“魔女の下僕と魔王のツノ”(9巻)のあらすじは以下の通りです。

女性の姿に化けたかつての親友アルセニオと過ごすうちに、次第に愛を感じ始めたサウロは、ついにアルセニオにプロポーズする。未だにサウロに嫌われていると思い込んでいるアルセニオは当然それを受け入れられず…?

(引用:amazon

8巻あらすじ

“魔女の下僕と魔王のツノ”(8巻)のあらすじは以下の通りです。

サウロの看病をする謎の少女アルマは、やはりアルセニオでした。アルマは、サウロが持っているはずの「魔法の鍵」を取り戻す為に、そして、彼の傷を癒す為に再度彼の前に現れました。
アルマに変身する前のアルセニオはベティに頼みます。サウロとベティたち魔女が永遠に理解しあうことはないと伝えたうえで、それでも自分はサウロを救いたいから薬草を分けてくれと。快く承諾してくれた仲間たちの援助のもと、アルマとしてサウロの前に現れたのです。しかし、アルセニオの面影のあるアルマをサウロは疑います。
異性として誘惑して殺すのではないかと警戒しますが、疑えば疑うほど、アルマは何も考えてないのだと理解します。またアルセニオとの思い出に揺れ、いつしか彼女に心を許していってしまいます。友達と呼ぶには親密すぎて、恋人と呼ぶには誠実すぎる二人の関係が揺れ始めます。魔法の鍵は見つからず、魔法の使えないサウロを心配して、アルマもなかなか彼の傍を離れることができません。そしてついにサウロはアルマにプロポーズするのでした。