空母いぶき(12巻→13巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、空母いぶき(13巻)の発売日を掲載しています。最新刊12巻は2019/4/26に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

空母いぶき(13巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年9月26日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/4/26、当ページ更新日:2019/4/27
「空母いぶき」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“空母いぶき”は約4~5か月のペースで新刊が発売されています。5か月後に新刊が発売されるとすると、13巻の発売日は2019年9月26日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「空母いぶき」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

発売済み最新刊(12巻)

タイトル:空母いぶき(11) (ビッグコミックス)
発売日:2018/7/30

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“空母いぶき”発売日一覧

“空母いぶき”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2015年9月30日
2巻 2015年9月30日
3巻 2016年1月29日
4巻 2016年6月24日
5巻 2016年10月28日
6巻 2017年2月28日
7巻 2017年7月28日
8巻 2017年11月30日
9巻 2018年3月30日
10巻 2018年7月30日
11巻 2018年12月27日
12巻 2019年4月26日
13巻

空母いぶき 映画公開記念 SPECIALプライスパックは2019/3/25に発売!

新刊の発売頻度

空母いぶきの新刊発売間隔:約4~5か月

空母いぶきは約4~5か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は4~5か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:空母いぶき(読み方:くうぼいぶき)

著者:かわぐちかいじ

出版社:小学館
レーベル:ビッグコミックス
連載:ビッグコミック

公式サイト:兵器診断実施中!『空母いぶき』公式サイト|ビッグコミック

スポンサードリンク

作品概要:

戦後の日本で初めて建造された護衛艦である「空母いぶき」は、艦長には航空自衛隊出身の秋津一佐、副長には同期の海自新波二佐を配し、第5護衛隊群の旗艦として奮戦する物語である。
尖閣諸島問題に絡んで物語りは進行するので、敵となるのは中国海軍が主である。
著者のかわぐちかいじ氏の軍事関連作品に多く見られる、政治的展開の部分は比較的少なく、戦闘シーンで多くの頁を費やしている。
第5護衛隊群は旗艦の「いぶき」他、イージス艦「あたご」「ちょうかい」、汎用ミサイル艦「ゆうぎり」「せとぎり」、潜水艦「けんりゅう」、補給艦「おうみ」の6隻で編成される空母打撃群である。(損傷等で「いぶき」以外の艦は交代する事がある)
軍事の専門家からは、空母1隻での運用はありえない(定期整備や修理を考え同型艦3隻での運用が常識であるから)等の指摘は有ったとしても、「いぶき」が艦載機F-35JBを存分に使いこなし、中国海軍との死闘をする姿にはハラハラドキドキさせられる。
実際起こりそうな近未来を描いた問題作である。

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

12巻あらすじ

“空母いぶき”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

ともに攻撃による被害を受けた「いぶき」と「広東」両空母艦隊は一斉に全機を収容!!
燃料を補給、兵装を整え、“その時”に備える…!!
そして、ついに両空母から全機が上がる。
「いぶき」から11機、「広東」から35機!!
機数で絶対的不利な状況下、負けは許されない空中戦が始まる…!!

(引用:amazon

11巻あらすじ

“空母いぶき”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

艦載機F35JBによる攻撃作戦を半ば成功させた「いぶき」艦長・秋津は潜水艦「けんりゅう」に単独突入攻撃の命を下す!!
潜水艦探知が容易な浅海にいる「広東」艦隊に「けんりゅう」はどう接近し、どう攻撃し、どう離脱するのか…!!?

(引用:amazon

10巻あらすじ

“空母いぶき”(10巻)のあらすじは以下の通りです。

空母決戦は、防禦戦から逆襲へ!!敵戦闘機20機による攻撃に対しF35を温存し、艦のみでの防禦に徹する「いぶき」艦隊!!あらゆる装備と機能を駆使し、無数のミサイルを防ごうとする!!そして、ついに「いぶき」とF35による反撃の時を迎える…!!

(引用:amazon