古見さんは、コミュ症です。(12巻→13巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、古見さんは、コミュ症です。(13巻)の発売日を掲載しています。最新刊12巻は2019/3/18に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

古見さんは、コミュ症です。(13巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年6月18日(予定)
です。

前巻発売日:2019/3/18、当ページ更新日:2019/4/24
「古見さんは、コミュ症です。」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“古見さんは、コミュ症です。”は約3か月のペースで新刊が発売されています。13巻の発売日は2019年6月18日に予定されています。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「古見さんは、コミュ症です。」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

発売済み最新刊(12巻)

タイトル:古見さんは、コミュ症です。 (12) (少年サンデーコミックス)
発売日:2019/3/18

Amazonで予約する楽天で予約する

スポンサードリンク

“古見さんは、コミュ症です。”発売日一覧

“古見さんは、コミュ症です。”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2016年9月16日
2巻 2016年12月16日
3巻 2017年3月17日
4巻 2017年6月16日
5巻 2017年7月18日
6巻 2017年10月18日
7巻 2017年12月18日
8巻 2018年3月16日
9巻 2018年6月18日
10巻 2018年9月18日
11巻 2018年12月18日
12巻 2019年3月18日
13巻

新刊の発売頻度

古見さんは、コミュ症です。の新刊発売間隔:約3か月

古見さんは、コミュ症です。は約3か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は3か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:古見さんは、コミュ症です。(読み方:こみさんは、こみゅしょうです。)

著者:オダトモヒト

出版社:小学館
レーベル:少年サンデーコミックス
連載:週刊少年サンデー

公式サイト:WEBサンデー|古見さんは、コミュ症です。 – 少年サンデー

作品概要:

スポンサードリンク

古見さんは、コミュ症です。は、週刊少年サンデーで連載中のオダトモヒトさんによる漫画作品である。
古見さんはいわゆるコミュ障(作中ではコミュ症と表記)である。まともに人と会話をするどころか、お店で注文をすることすらままならない。しかし、古見さんは見た目が美しく、クラスのマドンナ的存在であった。マドンナでとどまればよかったが、誰ともしゃべらないことが高貴さに拍車をかけ、もはや崇拝といっていいレベルにまで達してしまう。
そんな古見さんがただのコミュ症であると初めて気が付いたのは、一般人of一般人である「只野仁人」であった。友達を100人つくるという夢を持っていた古見さんは、只野くんと出会うことで、次第に周りの人とかかわることができるようになっていくのであった。
この作品は、コミュ症の古見さんと、一般人の只野くん、それから個性豊かすぎるクラスメイトが織り成す日常を描いている。

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

12巻あらすじ

“古見さんは、コミュ症です。”(12巻)のあらすじは以下の通りです。

二年生一学期の終わりが近づいてきました。夏の入り口、静かな夜に、古見さんが認めるのは、“夏休みやりたいことリスト”。今年の夏は、去年よりもできることがたくさんありそうです。それはたぶん、新しい友達ができたから。そして早速、万場木さんから海へのお誘い。喜んだり楽しんだりな感情も垣間見えるようになったコミュ症美少女の夏が、始まります。

(引用:amazon

11巻あらすじ

“古見さんは、コミュ症です。”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

ゴールデンウィーク、古見さんは、家族旅行です。そこには偶然、只野くんの家族となじみちゃんが。皆で過ごせる嬉しい時間です。夜、星空を見に行こうと只野くんと歩いていた時、突然の雨で二人は山小屋へ。毛布は一枚、お互いが、寒くならいように譲り合い。言葉にするのが難しかったり、照れたりする優しさが、二人の”コミュニケーション”を紡いでいきます。相手を慮る優しさが、温かさと共に伝わってくるコミュ症美少女コメディー、第11巻。

(引用:amazon

10巻あらすじ

“古見さんは、コミュ症です。”(10巻)のあらすじは以下の通りです。

3月、皆と仲良くなれた一年生もあと少し。初めて感じる別れの寂しさに、初めてこみ上げる戸惑いの感情。そして4月、二年生になります。新しいクラスで、隣の席はマンバギャルの万場木さん。派手な見た目と裏腹に、友達作りに悩んでるみたいです。新たな環境、同様の不安を持つ彼女に、少しだけ成長した古見さんが言葉を紡ぎます。不器用だけど、一生懸命な優しさが包むコミュ症美少女コメディー、第10巻!!

(引用:amazon