重版出来!(13巻→14巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、重版出来!(14巻)の発売日を掲載しています。最新刊13巻は2019/6/12に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

重版出来!(14巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年12月12日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/6/12、当ページ更新日:2019/6/12
「重版出来!」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“重版出来!”は約5~8か月のペースで新刊が発売されています。6か月後に新刊が発売されるとすると、14巻の発売日は2019年12月12日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「重版出来!」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

発売済み最新刊(13巻)

タイトル:重版出来!(13) (ビッグコミックス)
発売日:2019/6/12

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“重版出来!”発売日一覧

“重版出来!”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2013年3月29日
2巻 2013年9月30日
3巻 2014年3月28日
4巻 2014年9月30日
5巻 2015年4月10日
6巻 2015年10月9日
7巻 2016年3月30日
8巻 2016年8月30日
9巻 2017年4月12日
10巻 2017年10月12日
11巻 2018年5月11日
12巻 2018年12月12日
13巻 2019年6月12日
14巻

新刊の発売頻度

重版出来!の新刊発売間隔:約5~8か月

重版出来!は約5~8か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は5~8か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:重版出来!(読み方:じゅうはんしゅったい!)

著者:松田奈緒子

出版社:小学館
レーベル:ビッグコミックス
連載:月刊!スピリッツ

作品概要:

オリンピックに出るという目標を、怪我で断念した黒沢心。一念発起して就活に励むけれど20連敗……。しかし、験担ぎのために墓参りやゴミ拾い、パワースポット巡りなど数々の善行と、地道な努力試験勉強のおかげで出版社の内定を勝ち取った。
晴れて週刊バイブスに配属された心は、男所帯の編集部に臆することもなく溶け込んでいき、先輩社員の五百旗頭の打ち合わせに同行させてもらうことになる。大好きなマンガの作者に会えてドキドキする心。
しかしその後、三蔵山先生が編集部に電話で原稿を引き上げると伝えてきた。三蔵山先生のアシスタントだったオーノ先生の話しによると、三蔵山先生のかかえるアシスタントの中にひとり問題児がいるらしい。
その人の逆恨みで人物のデッサンが間延びして崩れている事を知り、言われるまで気付かなかった事にショックを受けた三蔵山先生はペンを置くことさえ考えるようになる。しかし心の洞察と指摘のおかげで、人物のデッサンが間延びしてしまう原因と対策が分かった三蔵山先生はバージョンアップして復活する。持ち前の元気と体力とスポーツマンシップで、心が出版界で奮闘する物語。
出版社の漫画誌編集部の新入社員である黒沢心が主人公の漫画漫画雑誌バイブス編集部で唯一の女子であり柔道部出身者の黒沢は珍しがられるも持ち前のバイタリティーと純粋な熱意で活躍していく過去にはオリンピックを目指していたほど柔道に打ち込んでいたが怪我のために断念しそんな自分を支え続けてきた漫画に携わる仕事を選んだ黒沢彼女には柔道で鍛えられた不屈の精神と漫画にかける情熱があるのだ耳が畳にこすられ続けていたためになるギョーザ耳子熊のような体型がチャームポイント単行本コミックが高い売上数を達成すれば初版の刷り増しである重版出来できるそれを目指ざして働く姿をバイブス編集部を中心に漫画家書店出版社の他の部署にもスポットを当てて描いていくストーリー登場人物たちが様々な試練に直面しながら成長を遂げていくヒューマンドラマ

スポンサードリンク

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

13巻あらすじ

“重版出来!”(13巻)のあらすじは以下の通りです。

「今」に合わせた新しい売り方を構築する!
安井が立ち上げたWeb漫画誌で連載を始めた作家、東江。
かつて安井に商売道具にされて潰された作家だが、社会人になった彼女は漫画の世界にあたらめて飛び込み心と二人三脚で連載を立ち上げる。
その漫画のテイストが青年誌読者層とは違うため、単行本を未知の読者に届けるべく「新しい売り方」を心や販売・宣伝チームで考案することに…!
一方で、東江は副業禁止の会社をクビになる事態に直面し、中田伯は悪役の核を求めてあがいていたが…!?

(引用:amazon

12巻あらすじ

“重版出来!”(12巻)のあらすじは以下の通りです。

安井がWEB漫画誌の編集長に…!過去のトラウマから、誰よりも利益に対してシビアな安井。その安井が新たなフィールドをWebに求めた。「売れるモノしか生まれない場を作る」「自由でなければ、Web漫画誌の意味がありません」この宣言の下での作品募集に対し、届いた原稿の1作は以前、心ではなく安井を選んで潰されてしまった東江のものだった。心は今度こそ東江とヒット作を作ろうと誓うが、安井がそれを許さず…!?

(引用:amazon

11巻あらすじ

“重版出来!”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

電子書店、電子書籍のゲンジツとは…!?「週刊バイブス」でのデビュー初連載が注目を浴びたものの二作目の連載が不振で打ち切りになってしまった女性作家。心は、そのダメージから立ち上がれない彼女の新担当となる。紙の単行本ではなかなか話題にならなかった連載。作品のファンである電子書店の営業担当が自店のキャンペーンで推したことから新たな火が…!電子書店、電子書籍のリアルは、漫画家に何を与えるのか…!?

(引用:amazon