【漫画】「ふしぎの国の有栖川さん」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「ふしぎの国の有栖川さん」の感想・レビューを掲載しています。
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

1巻までの感想

困っているところを助けてもらい、その相手がイケメンだったというシチュエーションは少女漫画によくある展開だと思いつつ、この漫画はそれだけでは終わらないというか、それだけでは恋愛が始まりすらしない恋愛漫画です。主人公の鈴が箱入り娘過ぎて恋になど全く興味を示しませんし、野宮君もさらっとドキドキすることを言うのですが、どこまで本気なのか、鈴に対してどう思っているのかが全く読めません。また、主人公を取り巻く脇役キャラたちが皆個性的で、愛しいです。野宮君の友達のメガネの菅谷は野宮君のことが好きすぎるし、女子高のイケメン花森さんは彼氏ができないことを嘆き続け、鈴の友達のなっちゃんは鈴をいじりまくります。落語好きで箱入り娘の女子高生というキャラクターがすでに濃いにも関わらず、それに負けないくらい周りのキャラクターが濃いです。それでも主人公の鈴のキャラクターが薄くならないのは、ストーリーの中でそれぞれのキャラクターたちがうまく自分の役割を果たしているからのように感じます。また、ラブストーリーとしての主軸もきちんとしていて、賑やかに恋が少しずつ進んでいく読んでいて飽きない少女漫画だと思います。野宮君の鈴への接し方が今後どうなるのか、鈴の恋は始まるのか、次巻への期待を残す1巻です。

(既読巻数:1巻まで、ハンドルネーム:たまこ)

感想・レビュー