【漫画】「鬼滅の刃」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「鬼滅の刃」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「鬼滅の刃」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

悲しく優しい、鬼退治の物語

優しい少年・炭治郎は、鬼に家族を殺されます。
唯一生き残った妹・禰豆子は鬼にされ……。
家族の仇をとり、妹を人間に戻す為に、炭治郎は鬼の殲滅を目指す組織「鬼殺隊」の一員になります。
首を斬らなければ死なず、手足を失っても、すぐに回復する……そんな圧倒的に強い鬼に対し、鬼殺隊のメンバーは生身の人間のまま、鬼に立ち向かいます。
骨が折れ、片目や片腕を失っても、諦めず戦う隊員たち。
一人一人の、鬼を憎む心がしっかりと描かれています。
しかし鬼も、元は人間。
彼らが鬼になった経緯を知ると、憎めなくなったり……。
根っ子には、優しさがある物語です。

(既読巻数:14巻、ハンドルネーム:ちよ)

感想・レビュー