【漫画】「花野井くんと恋の病」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「花野井くんと恋の病」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「花野井くんと恋の病」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

ヒロインっぽくない主人公

最近、ヒロインっぽくない主人公の少女漫画増えてきたなと思います。
この作品も主人公がヒロインっぽくない、普通の女子高生です。
でも、そんな女子高生の主人公を好きと言ってくれる存在が現れます。
隣のクラスの同級生・花野井君でした。
偶然にも花野井君が別れ話をしているところを目撃してしまったのですが、一緒にいた友人は興奮気味でも、主人公のほたるは全然興味を持っていません。
目の前のパフェに夢中なところが他の人と違うのかも。
全然恋愛には興味がないのですが、ほたるは偶然花野井君が傘もささずにベンチに座っているのを見かけて思わず傘を差しだします。
そういう普通に接してくれるところが花野井君の心に刺さったんだなと読んでいて感じました。
でも、こんなにも人の別れ話を目撃したりしても動揺しなかったりする主人公が、花野井君のことを思っていろいろと行動していくところははじめには想像できませんでしたね。
意外と、ちゃんと怒ったり、泣いたり笑ったりするんだな~と思いました(笑)

(既読巻数:1巻、ハンドルネーム:まねきねこ)

感想・レビュー