【漫画】「王様に捧ぐ薬指」の感想・レビュー(完結)

当ページは【漫画】「王様に捧ぐ薬指」の感想・レビューを掲載しています。
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!
王様に捧ぐ薬指は8巻で完結しています。

以下のサイトで「王様に捧ぐ薬指」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

8巻までの感想

く女性におすすめのラブストーリー!

超絶美女たるがゆえ周りから悪い噂ばかりの主人公:綾華と、超絶美男ながら俺様で孤独な経営者:東郷の、偽装結婚から始まる本物の恋、本物の愛のラブストーリーです。俺様感たっぷりな東郷のSぶりに、綾華の気分になってドキドキ。設定が少々あり得ない!とも思いましたが、そんなことよりも、それぞれが抱える弱さ・トラウマ・心の闇にお互いが一番に気付き、認め合い惹かれ合っていく姿は、純粋に良いなぁとトキメキでした。きっと誰もにベストパートナーがいるんだなとも感じさせてくれて、自分のパートナーとこんな風に愛を育てていきたいなと改めて感じました。とはいえ、コミカルなやり取りも読んでいて楽しかったです!

(既読巻数:8巻まで、ハンドルネーム:あお)

感想・レビュー