【ラノベ】「天久鷹央の事件カルテ」の感想・レビュー

当ページは【ラノベ】「天久鷹央の事件カルテ」の感想・レビューを掲載しています。
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

以下のサイトで「天久鷹央の事件カルテ」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

9巻までの感想

と小鳥の関係性の変化も見どころ

表紙の女の子がかわいくて手に取りましたが、実は天才医師である天久鷹央が次々と事件を解決するというシリーズです。
登場人物の設定がなかなかにめんどくさくて読んでいてイライラ、ハラハラさせられることも多々ありますが、そのバランスが面白いと言えます。
推理小説なので事件の特異性や解決までの謎解きも面白いのですが、医療ミステリーならではの展開もあり、驚くことも多いです。
また、主人公は一見子どものようで空気の読めない女性、鷹央ですが、彼女に振り回されながらもサポートしていく「小鳥」と呼ばれる小鳥遊(たかなし)の存在も大きく、シリーズを通してこの二人の関係性の変化も楽しみの一つです。

(既読巻数:9巻まで、ハンドルネーム:GZN)

感想・レビュー