【漫画】「俺は頼り方がわかりません」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「俺は頼り方がわかりません」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「俺は頼り方がわかりません」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

部活の後輩に迫られています!のスピンオフ作品

ずっと面倒見が良く、高校時代は部活のキャプテンで後輩からも同級生からもとにかく頼りまくられてきた牧野。それなのに就職活動に惨敗した事からすっかり自信を失い、何とかコネでありつけた教師の仕事に就くべく、親友の守屋と、その恋人(男)で後輩の吉武に心配されながらも田舎に引っ越してきた。
引っ越し初日から災難に見舞われ、それを助けてくれた清宮(男)にいきなりキスされ、前途多難な田舎生活は始まるんだけど・・・今まで頼られてきた牧野は、どうやって人に頼っていいのか、どうやって自分の気持ちを伝えればいいのか困惑しながらも、自分を好きになってくれた清宮と恋をしたいと思うようになる。今まで人の面倒ばっか見てきた牧野が今度は自分の気持ちの揺れに右往左往しながらも大切な存在に気付いて進んでいく描写が腰乃先生の絶妙な言葉で綴られています。

(既読巻数:2巻、ハンドルネーム:つぶ吉)

感想・レビュー