【漫画】「グラシュロス」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「グラシュロス」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「グラシュロス」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想・レビューを募集しており、寄稿された感想を紹介しています。)

タイトル

物語の舞台は遥か30000年前です。そのような何もない原始時代の話なのですが、現代の何かしらのエピソードとリンクさせて、ギャグのように物語が展開していきます。漫画には「ルビ」と呼ばれるフリガナが付いていますが、例えば木の実と書いて「ナナ」と呼ばせたり、肉=ハナマサ、鳥の群れ=ロート・ロート・ロートというような表現や、登場人物も「あきらかにあの人でしょ(笑)」という有名人が次から次へと登場します。そのために物語やキャラクターを茶化したような感じになったりしていて、内容が薄いという感想を持っている方も多かったです。画力はあり、個人的には面白かったのですが、明らかに「打ち切り」を思わせるような急展開で物語は完結してしまいました。不人気で終わったのか、どこかしらか圧力がかかったのかはわかりませんが、自分的にはもっと色んな展開を見たい漫画でした。

(既読巻数:5巻、ハンドルネーム:ぱてぃもんちー)

感想・レビュー