【漫画】「キングダム」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「キングダム」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「キングダム」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

主人公の快進撃に鳥肌・・・!!

主人公の信は奴隷である身ながら、天下の大将軍を目指す物語。同じ奴隷である漂と鍛錬を積み重ね、剣技の才能を高めていく。だが、秦国大王こと嬴政に瓜二つの漂は、秦国の影武者として殺されてしまう。一緒に天下の大将軍を目指していた大親友である、いや家族である漂を目の前で殺された信は怒りに震え、漂を殺した敵を見事に始末することに成功し、秦国大王こと嬴政と出会うことになる。そこから天下の大将軍に近づくために信は少しずつ、各地の戦いに赴き、傷つきながらも少しずつ成長していく信の姿に感動する。特に、秦国に趙含め4か国が攻められることとなり、そこで信が終わることのない、希望のない戦いにより、心身創痍になっているところに秦国大王である嬴政が表れて、秦の民を含めた、戦士たちをも振るわせるシーンに感動します!ぜひこの中国史につづったキングダムを読んでください!

(既読巻数:1巻~53巻、ハンドルネーム:かずを)

感想・レビュー