【漫画】「きっと愛してしまうんだ。」の感想・レビュー

当ページは【漫画】「きっと愛してしまうんだ。」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「きっと愛してしまうんだ。」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想・レビューを募集しており、寄稿された感想を紹介しています。)

大人の優しい恋愛物語

藤田歩という美女で人づきあいが苦手な営業職と、同期の谷地俊輔との恋愛物語です。
谷地は人づきあいが上手で、歩とは正反対な太陽のような人ですが、不器用な一面もあり、2人がお互いの足りないところを補い合うようにして関係を育てていくプロセスがとても丁寧に描かれていたのがとてもよかったです。
一井かずみ先生のあたたかみのあるタッチも相まって、物語全体に優しい空気が流れていて、傷ついている気分の時も楽しい気分の時も読後にはほっこりできた、とても素敵なストーリー展開でした。イヤな奴にもそれなりに理屈があって、悪い人間というのは存在しないのではないかと希望を持たせてくれる物語でした。

(既読巻数:7巻、ハンドルネーム:ころころ)

感想・レビュー