【ラノベ】「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も…」の感想・レビュー

当ページは【ラノベ】「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の感想・レビューを掲載しています。

以下のサイトで「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

(当サイトは漫画・ライトノベルの感想を募集しており、寄稿された文章を紹介しています。)

魔王と勇者の愛

「もし勇者が、退治すべき魔王を愛してしまったら」
そんな、大胆な設定のお話です。
森で魔人族の少女・ラティナと出会った、若き冒険者のデイル。
親を亡くした彼女を引き取り、養父として育てる決意をします。
可憐で利発、愛らしいラティナを溺愛し、あっという間に親バカになったデイル。
でもラティナには、魔王になる運命が課せられていました。
最愛の娘はやがて成長し、彼の恋人になりますが……。
奪われた彼女を取り戻す為に、残りの魔王を全員倒すと決めたデイル。
「魔王の為に、魔王と戦う勇者」
何とも斬新な物語ですが、根っ子にあるのは、義父子や恋人の、深い愛情物語です。

(既読巻数:6巻、ハンドルネーム:ちよ)

感想・レビュー