宝石の国(9巻→10巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、宝石の国(10巻)の発売日を掲載しています。最新刊9巻は2018/10/23に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

宝石の国(10巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年8月23日頃(予想)
です。

前巻発売日:2018/10/23、当ページ更新日:2019/3/14
「宝石の国」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“宝石の国”は約6~11か月のペースで新刊が発売されています。9巻から10か月後に次巻の発売となると、新刊(10巻)の発売日は2019年8月23日頃となります。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊(9巻)

タイトル:宝石の国(9) (アフタヌーンKC)
発売日:2018/10/23

Amazonで購入する楽天で購入する

“宝石の国”発売日一覧

“宝石の国”のこれまでの発売日は以下の通りです。

スポンサードリンク
巻数 発売日
1巻 2013年7月23日
2巻 2014年1月23日
3巻 2014年8月22日
4巻 2015年5月22日
5巻 2015年11月20日
6巻 2016年9月23日
7巻 2017年5月23日
8巻 2017年11月22日
9巻 2018年10月23日
10巻

新刊の発売頻度

宝石の国の新刊発売間隔:約6~11か月

宝石の国は約6~11か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は6~11か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:宝石の国(読み方:ほうせきのくに)

著者:市川春子

出版社:講談社
レーベル:アフタヌーンKC
連載:月刊アフタヌーン

公式サイト:宝石の国 / 市川春子 – アフタヌーン公式サイト – モアイ

作品概要:

宝石の国は市川春子さんによる漫画作品。2018年にテレビアニメ化もされました。
これは遥か未来の話です。人間がいた古代から、何度も災害にあって人間はいなくなり、代わり地上には宝石の体を持つ生き物たちが存在する世界です。宝石たちはその美しさから、月に住む「月人」たちに狙われています。月人たちは宝石を襲い、手に入れた宝石たちを装飾や武器に加工してしまいます。そんな月人たちと宝石たちは長い年月を戦って過ごしていました。月人好みの美しい色を持った低硬度の宝石が主人公です。主人公の宝石はその壊れやすさから戦闘に加わることができず、自分にできる仕事を探していました。ところが、ある事件がきっかけで戦える強さを手に入れます。この物語はそんな主人公の成長譚と、月や宝石に別れてしまった、かつて人間だったものたちの運命を描いた作品です。

スポンサードリンク

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

9巻あらすじ

“宝石の国”(9巻)のあらすじは以下の通りです。

月世界に降り立ったフォスは、月人の首領的存在・エクメアに対し、「仕事をしなくなった」とされる先生への刺激を与えるために、「宝石たちの裏切り」を提案した。宝石たちの星に戻ったフォスは、月世界の情報を伝えて、宝石たちに月への興味を持たせていく。約束の場所には、数名の宝石が集まり、月世界へ向かった。一方、残された宝石たちに金剛先生が伝えたことはーー。

(引用:amazon

8巻あらすじ

“宝石の国”(8巻)のあらすじは以下の通りです。

フォス、月世界へ。月人の襲撃によって頭部を奪われたフォスにラピス・ラズリの頭部を接合し、フォスは百二年後に目覚めた。仲間を助けるため、先生の秘密を探るために、カンゴームの助力を得て、月人に連れ去られる形で月へと向かったフォス。月世界に到着後、月人たちをなで斬りにしながら突き進むフォスの前に、首領的存在が現れた。そこで語られた衝撃の情報、そして目の当たりにした光景とはーー。

(引用:amazon