地縛少年花子くん(10巻→11巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、地縛少年花子くん(11巻)の発売日を掲載しています。最新刊10巻は2019年3月27日に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

地縛少年花子くん(11巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年8月27日(予定)
です。

前巻発売日:2019/3/27、当ページ更新日:2019/3/27
「地縛少年花子くん」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する
地縛少年 花子くん(11)特装版(GHOST HOTEL’S CAFE 小冊子付き)は2019/8/27に発売!

“地縛少年花子くん”は約5か月のペースで新刊が発売されています。5か月後に新刊が発売されるとすると、11巻の発売日は2019年8月27日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊(10巻)

タイトル:地縛少年 花子くん(10) (Gファンタジーコミックス)
発売日:2019/3/27

Amazonで購入する楽天で購入する

“地縛少年花子くん”発売日一覧

“地縛少年花子くん”(じばくしょうねんはなこくん)のこれまでの発売日は以下の通りです。

スポンサードリンク
巻数 発売日
1巻 2015/05/22
2巻 2015/11/21
3巻 2016/05/27
4巻 2016/09/27
5巻 2017/02/27
6巻 2017/07/27
7巻 2017/12/27
8巻 2018/05/26
9巻 2018/10/26
10巻 2019/3/27
11巻

新刊の発売頻度

地縛少年花子くんの新刊発売間隔:約5か月

地縛少年花子くんは約5か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は5か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:地縛少年花子くん

著者: あいだいろ

出版社:スクウェア・エニックス
レーベル:Gファンタジーコミックス
連載:Gファンタジー

公式サイト:http://www.square-enix.co.jp/magazine/gfantasy/story/hanakokun/

作品概要:

「地縛少年花子くん」は、「トイレの花子さん」の花子さんが、男として登場してくる漫画である。
主人公(ヒロイン)である「八尋寧々」は源先輩に好意を寄せており、人魚の鱗を使って両想いになろうと試みた。しかし、人魚の呪いを自身に受けてしまい、この呪いを花子くんが半分肩代わりすることによって解決(?)した。
以来、花子くんの助手として仕事をする寧々。花子くんの仕事は人と怪異との関係を正常に保つことであり、学校には「七不思議」という怪異が存在することも知った。
怪異を退治する家系である源兄弟や、怪異たち、花子くん、寧々たちが織りなすホラーな物語。かわいい絵柄で中和されているため読みやすいが、しっかりはっきりホラーな展開もあるため注意が必要。

スポンサードリンク

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

10巻あらすじ

“地縛少年花子くん”(10巻)のあらすじは以下の通りです。

誰の願いも本当には叶わない
本当の世界に戻るためには「柚木普」と「三葉惣助」を殺さないといけない。偽物の世界から脱出するため、寧々は「花子くん」にとある提案を持ちかける。一方その頃、光は「ミツバ」を説得しようと試みるが――!?

(引用:Amazon

9巻あらすじ

“地縛少年花子くん”(9巻)のあらすじは以下の通りです。

ここは、絵空事の世界。
その日、いつもと同じように寧々が登校すると、花子くんが生きたクラスメイトとして存在していた。
違和感を抱いているのは自分だけ。花子くんは幽霊だったはずなのに…。真相を確かめるべく、向かった先は謎の塔――!学園七不思議怪異譚、真実と虚構の第9巻!

(引用:Amazon

8巻あらすじ

“地縛少年花子くん”(8巻)のあらすじは以下の通りです。

七不思議の三番目“カガミジゴク”から帰還して3日目。元気のない光を励ますため、寧々は境界の七夕祭りへ向かう。花子くんや光と一緒に祭を楽しんでいたはずが、気がつけばそこは50年前の世界。そこで出会ったのは、生前の花子くんで――!? 学園七不思議怪異譚、運命が交錯する第8巻!

(引用:https://honto.jp/ebook/pd_29090485.html

5巻あらすじ

学校の七不思議取りまとめる花子くんとその助手の八尋が、七不思議に振り回されていきます。5巻では、生前に花子くんに殺された双子の弟、司が八尋を「どこでもない場所」に閉じ込め、現世に戻れなくしてしまいます。しかし、花子くんの手伝いもあり無事に元の世界に戻ってくることのできた八尋ですが、元の世界に戻る前に出会った生前の花子くんの姿を見て、いつも怪異に襲われる自分を助けてくれる花子くんのことを、自分も助けてあげられたらいいのにと思うようになりました。元の世界では、いつものように八尋の友達の葵が学校の七不思議を教えてくれます。すると、話の通りに怪異が起こり、人が突然年をとり老人になってしまうなどの現象が起こりました。いつものように、花子くんと共に怪異を止めるべく怪異を起こしているであろう三人の時計守を捕まえて謎を解決するために動き始めます。葵に怪異が起こらないことなどから、一時は葵を疑った八尋ですが、結局時計守は葵の幼馴染の青井でした。時計守の一人が判明し、時を進める三人目の時計守ミライを捕まえるために協力し始めるのでした。