DAYS(33巻→34巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、DAYS(34巻)の発売日を掲載しています。最新刊33巻は2019年4月17日に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

DAYS(34巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年8月17日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/6/17、当ページ更新日:2019/6/17
「DAYS」最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“DAYS”は約2~3か月のペースで新刊が発売されています。2か月後に新刊が発売されるとすると、34巻の発売日は2019年8月17日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「DAYS」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

発売済み最新刊(33巻)

タイトル:DAYS(33) (週刊少年マガジンコミックス)
発売日:2019/6/17

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“DAYS”発売日一覧

“DAYS”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2013年7月17日
2巻 2013年9月17日
3巻 2013年11月15日
4巻 2014年1月17日
5巻 2014年3月17日
6巻 2014年5月16日
7巻 2014年7月17日
8巻 2014年9月17日
9巻 2014年12月17日
10巻 2015年2月17日
11巻 2015年4月17日
12巻 2015年7月17日
13巻 2015年9月17日
14巻 2015年11月17日
15巻 2016年1月15日
16巻 2016年4月15日
17巻 2016年6月17日
18巻 2016年8月17日
19巻 2016年10月17日
20巻 2017年1月17日
21巻 2017年3月17日
22巻 2017年5月17日
23巻 2017年8月17日
24巻 2017年10月17日
25巻 2017年12月15日
26巻 2018年3月16日
27巻 2018年5月17日
28巻 2018年7月17日
29巻 2018年9月14日
30巻 2018年11月16日
31巻 2019年2月15日
32巻 2019年4月17日
33巻 2019年6月17日
34巻

新刊の発売頻度

DAYSの新刊発売間隔:約2~3か月

DAYSは約2~3か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は2~3か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:DAYS(読み方:デイズ)

著者:安田剛士

出版社:講談社
レーベル:講談社コミックス
連載:週刊少年マガジン

作品概要:

何をやってもダメダメ且ついじめられっ子な主人公の『つくし』が、サッカーの天才児『風間』と出会い、高校サッカーの強豪校である聖蹟サッカー部へ入部、努力と人一倍の根性で部員達と高校サッカーの頂点を目指すという王道スポーツ漫画です。
とにかく主人公のつくしが頑張る姿に胸を打たれます。強豪校ということで、他の部員達はサッカー経験者、しかもほぼ全員上手いという完全アウェイな環境の中、勿論最初は足手まといだと足蹴にされますがとにかく練習を頑張る。頑張って頑張って一歩ずつ上手くなっていく。今まで独りぼっちだったつくしは、サッカー部の『仲間』ができて、その仲間と同じ目標に向かって頑張る事が嬉しくて、邪険にされてもサッカーが楽しくて。その様子を見た他の部員達はそんなつくしに引っ張られるようにサッカーにのめり込み、ぶつかって、助け合って強い絆が生まれていきます。
とにかくアツイ。スカッとするというよりは、登場人物の内面に共感しながら、その成長を見守りながら、じっくりと読みたい漫画です。

スポンサードリンク

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

33巻あらすじ

“DAYS”(33巻)のあらすじは以下の通りです。

「一瞬でも偶然でも俺は忘れない」。桜高との選手権準決勝が迫る中、聖蹟メンバーそれぞれに訪れた曲がり角。君下の潰えた夢、3年生たちの分かれ道、生方の憂鬱、そして、風間に起きた悲劇…。少年たちは、それぞれの決意を胸に準決勝へ――。

(引用:amazon

32巻あらすじ

“DAYS”(32巻)のあらすじは以下の通りです。

「これが僕らの桜高サッカー部だ」。1点を追う桜高は、後半開始から投入されたエース成神が、すぐさま相手DFをごぼう抜き。会場の雰囲気を一変させる。一方、青函も樋口がマンマークで対応。平の負担を減らすためにも3年間積み上げてきた己の全てを懸けて、成神に喰らいつく。激闘の桜高vs.青函、クライマックスへ──!!

(引用:amazon

31巻あらすじ

“DAYS”(31巻)のあらすじは以下の通りです。

「エースとは何だ?」。この試合の勝者が、聖蹟の次の相手になる選手権準々決勝。桜高対青函は開始早々、思わぬ形でいきなり動く。そして、そのゴールをきっかけに、犬童と平の熾烈極まる十傑対決が勃発。試合は予測不能な展開に突入していく!

(引用:amazon

29巻あらすじ

“DAYS”(29巻)のあらすじは以下の通りです。

「技術は全てを凌駕する」。選手権準々決勝の音羽戦。責め立てる聖蹟の前に立ち塞がったのは、世代No.1GKの砂山。驚異的なセービングを連発し、ゴールを割らせない。そんな中、FKのチャンスが聖蹟に舞い込む。キッカーは君下。己の存在証明を懸けて放った一撃の行方は──。

(引用:amazon