ダンス・ダンス・ダンスール(13巻→14巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、ダンス・ダンス・ダンスール(14巻)の発売日を掲載しています。最新刊13巻は2019/5/10に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

ダンス・ダンス・ダンスール(14巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年8月10日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/5/10、当ページ更新日:2019/5/10
「ダンス・ダンス・ダンスール」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“ダンス・ダンス・ダンスール”は約3~4か月のペースで新刊が発売されています。3か月後に新刊が発売されるとすると、14巻の発売日は2019年8月10日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

以下のサイトで「ダンス・ダンス・ダンスール」を検索する。
・Amazonで検索する楽天で検索するBOOK☆WALKERで検索するhontoで検索するApple Booksで検索するRenta!で検索するeBookJapanで検索する

発売済み最新刊(13巻)

タイトル:ダンス・ダンス・ダンスール(13) (ビッグコミックス)
発売日:2019/5/10

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“ダンス・ダンス・ダンスール”発売日一覧

“ダンス・ダンス・ダンスール”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2016/2/12
2巻 2016/5/12
3巻 2016/10/7
4巻 2016/12/12
5巻 2017/4/12
6巻 2017/7/12
7巻 2017/10/20
8巻 2018/1/12
9巻 2018/4/12
10巻 2018/8/9
11巻 2018/11/12
12巻 2019/2/12
13巻 2019/5/10
14巻

新刊の発売頻度

ダンス・ダンス・ダンスールの新刊発売間隔:約3~4か月

ダンス・ダンス・ダンスールは約3~4か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は3~4か月後となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:ダンス・ダンス・ダンスール

著者:ジョージ朝倉

出版社:小学館
レーベル:ビッグコミックス

作品概要:

潤平は幼い頃に見た男性ダンサーのバレエに魅了され、バレエに憧れを抱き特別な感情を持っている。一時はバレエ教室に通い、踊ることは潤平にとって最大の喜びだったが、父の突然の死は、男らしく育ってほしいと願っていた父の願いを潤平に選ばせ、父の友人の道場でジークンドーという格闘技を習うことで、バレエの道は諦めていた。
しかし、あるとき潤平の通う中学に都という少女が転校してきたことで状況が変わりはじめる。なぜか気になる都。彼女の母はバレエ教室でバレエを教えており、都もその教室でレッスンを受けるダンサーだったのだ。
都は潤平のバレエへの興味を見抜き、ずっと眠らせていた潤平のバレエへの想いが目覚めはじめる。
この連載以前は女性誌で活躍し、主に少女や女性を主人公とした作品を描いてきたジョージ朝倉が、今回は青年誌で少年を主人公としたバレエ漫画に挑む。バレエの感動が紙面から滲み出る、少年少女たちの情熱ストーリーだ!

スポンサードリンク

(2019年1月時点でwikiなし)

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

13巻あらすじ

“ダンス・ダンス・ダンスール”(13巻)のあらすじは以下の通りです。

主役の座は!?「スクール公演」編決着!
生川バレエ学校で2年に一度行われるスクール公演会。今回の演目は『眠れる森の美女』!
迫るNYでのYAGP(ルビ:ユースアメリカグランプリ)本選を前に、初となる全幕を踊るチャンスを逃すまいとオーディションに参加する潤平(じゅんぺい)と夏姫(なつき)。
しかし、彗星のように現れた天才少女・響(ひびき)が、桁外れの存在感と才能で周囲を圧倒する。
さらに響きの才能に呼応するかのように彼女と組む海咲も魅せる!!
経験と技術、そして特性……圧倒的不利な状況で潤平は「夏姫の王子になりたい」と奮闘するが―――

(引用:amazon

12巻あらすじ

“ダンス・ダンス・ダンスール”(12巻)のあらすじは以下の通りです。

王子役は俺だ!必見の「スクール公演会」編
2年に一度行われる生川バレエ学校の「スクール公演会」。演目はクラシックバレエの金字塔『眠れる森の美女』。その王子役の座を新たに候補者をつのり、選び直すことになる。手を挙げた潤平と海咲…一方、オーロラ姫役のアンダー(代役要員)として凄腕の女子が参加して!?

(引用:amazon

11巻あらすじ

“ダンス・ダンス・ダンスール”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

鬼のような基礎練を繰り返した末にYAGPに臨んだ潤平!!
シニア男子の休憩時間に、ロシアにいるはずの流鶯が突然、舞台で踊った。
衝撃を受けた潤平ははやる心の中、朝まで踊り続ける。
疲れ切った身体のまま、決選の舞台へ――
そして潤平は「音」に包まれ、「音」となる!

(引用:amazon