[漫画] 転生したらスライムだった件(11巻→12巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、[コミック版]転生したらスライムだった件(12巻)の発売日を掲載しています。(最新刊11巻は2019年3月29日に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

転生したらスライムだった件(12巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年5月29日頃(予想)
です。

前巻発売日:2019/3/29、当ページ更新日:2019/3/29
「転生したらスライムだった件」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

“転生したらスライムだった件”は約3~5か月のペースで新刊が発売されています。3か月後に新刊が発売されるとすると、12巻の発売日は2019年5月29日頃になると予想されます。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊(11巻)

タイトル:転生したらスライムだった件(11) (シリウスコミックス)
発売日:2019/3/29

Amazonで購入する楽天で購入する

スポンサードリンク

“転生したらスライムだった件”発売日一覧

“転生したらスライムだった件”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2015年10月30日
2巻 2016年4月28日
3巻 2016年11月30日
4巻 2017年4月7日
5巻 2017年9月8日
6巻 2017年12月8日
7巻 2018年3月9日
8巻 2018年6月8日
9巻 2018年9月28日
10巻 2018年12月7日
11巻 2019年3月29日
12巻

新刊の発売頻度

転生したらスライムだった件の新刊発売間隔:約3~5か月

転生したらスライムだった件は約3~5か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は3~5か月となるでしょう。

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:転生したらスライムだった件(読み方:てんせいしたらすらいむだったけん)略称-転スラ

原作:伏瀬
漫画:川上泰樹

出版社:講談社
レーベル:シリウスKC
連載:月刊少年シリウス

公式サイト:転生したらスライムだった件|月刊少年シリウス

作品概要:

スポンサードリンク

転生したらスライムだった件は、伏瀬さんの書くライトノベルが原作の作品。小説家になろうで掲載後、GCノベルズで書籍化後、2015年より漫画化された。
主人公の「リムル=テンペスト」はスライムである。日本で37歳サラリーマンであった主人公は、日本で死んでしまった後、異世界にスライムとして転生された。
スライムという弱小生物でありながら、転生するときに得た「大賢者」と「捕食者」というスキルを駆使しながら、ファンタジーな異世界で生き抜いていく。異世界転生でありがちな、自らは戦いを望まず安定した生活を送ることを目的にしている主人公だが、やはり戦いに巻き込まれていく。時にはスキルで手に入れた力をふるい、時にはその知恵を働かせる。
スライムとして転生したリムルに、異世界で待ち受けているものとは――?

wiki

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

11巻あらすじ

“転生したらスライムだった件”(11巻)のあらすじは以下の通りです。

不完全召喚された異世界人の子供達は、魔素が安定せず体内の崩壊を待つ日々を送っていた。そんな子供達を助けるためリムルが辿りついた結論は、かつてイフリートを宿したシズさんのように上位精霊を子供達の身に宿す方法だった。リムルと子供達は、上位精霊を見つけるために「精霊の棲家」を目指すが――。

(引用:Amazon

10巻あらすじ

“転生したらスライムだった件”(10巻)のあらすじは以下の通りです。

今は亡きシズの心残りである子供達に会いに、人間の国・イングラシア王国へ向かうリムル。途中立ち寄ったブルムンド王国では、冒険者登録や、ブルムンド王との極秘会談を行い、人間との交流の難しさを思い知ることに。そして、たどり着いたイングラシア王国では、ユウキ・カグラザカなる人物と会うことになるが――。

(引用:Amazon

9巻あらすじ

“転生したらスライムだった件”(9巻)のあらすじは以下の通りです。

魔王・カリオンからの提案を受け、テンペストと獣王国(ユーラザニア)は互いに使節団を派遣し交流をはかることとなった。テンペストからはベニマルを団長とした数名が獣王国へ向かい、獣王国からは黄蛇角のアルビスを中心とする使節団がテンペストに到着。順調に交流が開始されると思われたが、挨拶もそこそこにリムルに対し敵意を剥き出しにする獣王国使節団の面々。

(引用:Amazon

8巻あらすじ

“転生したらスライムだった件”(8巻)のあらすじは以下の通りです。

魔王・ミリムにブッ飛ばされ怒りが治まらずにいるフォビオ。そんなフォビオの前に中庸道化連フットマンとティアが現れ、フォビオを魔王にしようと暗躍するのだった。さらに、暴風大妖渦(ルビ:カリュブディス)が復活しテンペストを目指しているとの知らせがリムルの元に舞い込む。陰謀渦巻く暴風大妖渦の復活、そして開戦の狼煙があがる――!!

(引用:amazon