[漫画] ゴブリンスレイヤー(6巻→7巻)最新刊の発売日ならココ!

当ページは、[コミック版]ゴブリンスレイヤー(7巻)の発売日を掲載しています。最新刊6巻は2018/12/13に発売されています。)
最新刊の発売日ならココ!漫画の発売日情報サイト「漫画らぶ(コミらぶ)」へようこそ!

ゴブリンスレイヤー(7巻-最新刊)の発売日はいつ?

2019年6月25日(予定)
です。

前巻発売日:2018/12/13、当ページ更新日:2019/4/28
「ゴブリンスレイヤー」
最新発売状況はコチラ

Amazonで予約する楽天で予約する

予想⇒過去の発売日より推算、未定⇒予想できない予定⇒発売日決定済み、発売中⇒発売済み

[漫画]”ゴブリンスレイヤー”は約5~7か月のペースで新刊が発売されています。7巻の発売日は2019年6月25日に予定されています。
(※発売日は変更される可能性があります)

発売済み最新刊(6巻)

タイトル:ゴブリンスレイヤー 6巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
発売日:2018年12月13日

Amazonで予約する楽天で予約する

スポンサードリンク

“ゴブリンスレイヤー”発売日一覧

[漫画]”ゴブリンスレイヤー”のこれまでの発売日は以下の通りです。

巻数 発売日
1巻 2016年09月13日
2巻 2017年02月25日
3巻 2017年09月13日
4巻 2018年03月13日
5巻 2018年09月25日
6巻 2018年12月13日
7巻 2019年6月25日

新刊の発売頻度

[漫画]ゴブリンスレイヤーの新刊発売間隔:約5~7か月

ゴブリンスレイヤーは約5~7か月ごとに新刊が発売されています。
慣習通りであれば、次巻の発売日は5~7か月後となるでしょう。(アニメ放送時期は発売間隔が短くなっています。(6巻頃))

新刊の発売日が決まり次第、このページを更新いたします。

作品情報

タイトル:ゴブリンスレイヤー

原作:蝸牛くも
キャラクター原案:神奈月昇
作画:黒瀬浩介

出版社:スクウェア・エニックス
レーベル:ビッグガンガンコミックス
連載:月刊ビッグガンガン

公式サイト:http://www.ganganonline.com/contents/goblin/

作品概要:

スポンサードリンク

ゴブリンを殺す為に執念を燃やす復讐鬼・ゴブリンスレイヤーの活躍を描いた、本格的なファンタジーライトノベル作品である「ゴブリンスレイヤー」は、懐かしいボードゲームであるテーブルトークRPGの雰囲気のあるライトノベル作品。その漫画版です。
主人公のゴブリンスレイヤーと、彼と関わる事となる女神官。命を助けられ、無事にクエストを成功させるも、ゴブリンに対して容赦のない行動を見せる彼とパーティを組む様になった彼女と、また彼のうわさを聞いて訪れたエルフに美少女の妖精弓手と、ドワーフの呪文使いである鉱人道士に、リザードマンの神官である蜥蜴僧侶を仲間に加え、ゴブリンを殺す事に全てを掛けていくゴブリンスレイヤー。
そんな彼を心配する牛飼娘と、彼にゴブリン退治のクエストを出してくれる受付嬢と、登場人物の個性がそれぞれに出来上っており、実にドラマ性のある物語として楽しめる内容は、昔ながらのファンタジー小説好きな人を満足させてくれる内容となっています。
ゴブリンと、ファンタジー小説においては、常にやられ役であり、敵役として扱われ、雑魚として見られてしまうと、そんなゴブリンを徹底的に狩り尽くそうと、ゴブリン退治に全てを掛けていくゴブリンスレイヤーの英雄譚となる今作は、コアなライトノベル作品を好む人を満足させてくれる内容の作品です。

あらすじ

以下は既刊のあらすじです。

6巻あらすじ

“ゴブリンスレイヤー”(6巻)のあらすじは以下の通りです。

復讐に猛る小鬼英雄との決戦が始まった。群がるゴブリン達を相手に、ゴブリンスレイヤーが繰り出した秘策は…!? そして彼がたどり着く、事件の裏にある真実とは!? 水の街編ここに完結――そして物語は新章へ!! 原作者・蝸牛くも書き下ろしSSも収録!!

(引用:amazon

5巻あらすじ

“ゴブリンスレイヤー”(5巻)のあらすじは以下の通りです。

ゴブリンスレイヤー一党、全滅!?
ゴブリンスレイヤー一行にかつてない危機…!!小鬼英雄率いるゴブリン集団の襲撃で、ゴブリンスレイヤーは瀕死に。そして仲間達にゴブリンの魔手が襲いかかる。その時ゴブリンスレイヤーの脳裏に甦る声は……!?大人気ダークファンタジー、極限の第5巻!!

(引用:amazon

4巻あらすじ

“ゴブリンスレイヤー”(4巻)のあらすじは以下の通りです。

妖精弓手(エルフ)らとのクエスト、受付嬢からの面接依頼など、ゴブリンスレイヤーの日々は少しずつ変わりつつあった。そこにやってくる新たなゴブリン退治の依頼。それは、伝説の英雄「剣の乙女」からのものだった。水の街の地下迷宮(ダンジョン)で、ゴブリンスレイヤーの新たな戦いが始まる。大人気ダークファンタジー、新章開始の第4巻!!

(引用:https://honto.jp/ebook/pd_28965763.html

1巻あらすじ

冒険者になったばかりの地母神を崇拝する女神官は、一人前の冒険者を目指す剣士の少年と、その幼馴染である武道家の娘と、プライドの高い魔法使い女子と共に、ゴブリンに攫われた村娘を救いに行く為に洞窟に入るも、狡猾なゴブリンの奇襲にあってしまいます。
抗戦する剣士の少年ですが、戦い成れていない洞窟で苦戦をしてしまい、その隙を突かれ、ゴブリンの群れに一撃を食らわされ、そのままめった刺しに惨殺されてしまいます……。
彼の仇を打とうとした武道家の娘は、ゴブリンに亡き父親から伝授された拳法で応戦するも、群れを統率するボブゴブリンに敗れてしまい、そのままゴブリンの慰み者として辱めを受けてしまいます。
魔法使いの女子は魔法でゴブリンを打倒するも、隠れていたゴブリンの一撃を食らわされ、致命的な毒を追わされてしまいます。
ゴブリンに凌辱される武道家の娘に逃げる様に言われ、重傷の魔法使いの女子を抱えながら、洞窟から逃げ出そうとするも、ゴブリンに矢を射られ傷を負わされてしまう女神官。ゴブリンに囲まれ絶体絶命の中、彼女の窮地を救ったのは、ゴブリンを殺す事だけに全てを捧げた男・ゴブリンスレイヤーでした。
「ゴブリンは殺す──」小鬼ことゴブリンに大切なモノを奪われ、故郷を失い、心を壊された復讐の冒険者・ゴブリンスレイヤー。
彼に窮地を救われた少女・女神官。神々が転がす運命のダイスでも結末が読む事の出来ない、二人の冒険が今、始まろうとしていました……