Amazonでセール意外で安く買うには?知られざるギフト券の魅力

当サイトでは漫画の発売日をお知らせしていますが、書店で本を買う人がいれば、通販や電子書籍で漫画やライトノベル、そのほかの本を購入する人もいます。特に最近多いのが、Amazonで本を購入する人です。

Kindleで購入すると通常価格より安くなっていたり、1巻が無料だったり、セールをしているときがあったりします。しかし、そのセールよりさらに安い値段で、Amazonで買い物を楽しむ方法があることをご存知ですか?

本記事では、それらのセールとは別に、セールと同時に使用ができる、Amaoznの商品を安く買える方法をご紹介します。ここで紹介する方法は、漫画・本に限らず、Amazonの全カテゴリで使用できます。

Amazonギフト券(チャージタイプ)を使用する

一つ目の方法は、「Amazonギフト券(チャージタイプ)」を購入する方法です。

Amazonの支払い方法で最もメジャーなのは「クレジットカード払い」ですが、チャージタイプのAmazonギフト券を購入することで、最大で2.5%のポイントを受け取ることが可能です(2019/3/11時点のポイント付与率)。

(画像:amazon

上記画像は2019年3月11日時点のものです。ポイント付与率は変わっている可能性もあるので、最新のポイント付与率を必ずご自身でご確認ください。(ポイント付与率はこちら

クレジットカードで買い物をしていると、購入したたびに請求が来ますが、Amazonギフト券を購入しておくことで、クレジットカードからの支出の回数を減らすことができます。こうすることで、支払いの管理をしやすくできます。

また、チャージはクレジットカードからでもコンビニからでも、さらにはATMやネットバンキングからの支払いも可能で、クレジットカード情報を入力したくない人や、ネットバンキングや電子マネーから支払いと考えている人に便利です。

一度のチャージ金額は、15円~500,000円まで対応しています。1円単位での支払いが可能です。

オートチャージ設定で手間いらず

チャージタイプのAmazonギフト券には、「オートチャージ」を設定することができます。

  1. 定期的に決まった金額をチャージ
  2. 残高が少なくなったらチャージ

の2種類のパターンで設定することができます。
(※ポイント付与率は一度の購入金額によって変動するため、オートチャージを少額で設定すると、ポイント付与率が低くなるので注意してください。)

定期的にオートチャージ

「定期的にオートチャージ」では、毎日・毎週・2周回に1度・毎月の頻度を選択し、希望する金額をオートでチャージすることが可能です。

Amazonで買い物をすることが日常となっているひと向けで、「給与のうち何%はAmazonギフト券でチャージする」などという使い方ができます。

残高に応じてオートチャージ

「残高に応じてオートチャージ」では、Amazonギフト券の残高がある一定の金額を下回ると、自動的にチャージしてくれます。いくらを下回った場合に、どれだけの金額をチャージするかを設定することができます。

Kindleで頻繁に漫画を購入する人など、いくら使うかわからないけど、何度もチャージするのが面倒だから自動で補充してほしいという人に向いています。ただ、残額を管理する手間がかかるかもしれません。

プライム会員はポイント付与率が高くなる

 
もしAmazonギフト券(チャージタイプ)を使用するのであれば、プライム会員になることを強くお勧めします。通常会員とプライム会員のポイント付与率の差はわずか0.5%ですが、100,000円チャージすると、0.5%は00円の差になります。

100,000(10万)円×0.005(0.5%)=500

これを安いとみるか高いとみるかは個々人によって異なると思います。しかし、プライムビデオ他、Amazonプライム会員への特典を考えると、この機会にプライム会員になっておくのは損ではないと思います。(Amazonプライムは便利すぎるため、1度入ると抜け出したくなくなります。そこは注意してください。)

amatenでギフト券を購入する

amaten(アマテン)は、電子ギフト券の個人間売買サイトの最大手サイトです。amaten – アマテン


ここでは、Amazonギフト券他、iTunesカードやGooglePlayカード、20種類以上の電子ギフト券を売買することが可能です。Amazonギフト券を見てみると、割引率が8%レベルのギフト券が常時出品されています。Amazonギフト券のチャージと比べると、高い割引率であることがわかります。

ただし、電子ギフト券の個人間売買サイトを利用するにはいくつか注意点も必要です。安さにだけ目を奪われ、損をしないように気を付けてください。

  1. ギフト券が登録できない場合がある→30分以内に報告で支払いを保留にできる
  2. 手数料がかかる
  3. 登録&をしなくてはいけない

ギフト券が登録できない場合がある

一番困る問題が、購入したギフト券がAmazonなどに登録できないという現象です。こういった個人間売買サイトで売買されるもののなかには、使用できないものが含まれている危険性があります。amatenの場合、30分以内であれば支払いを保留にすることができます。

代金とギフト券番号の受渡しをamatenが仲立ちすることで、詐欺や取引トラブルを未然に防止します。
ギフト券番号が読み取れなかった場合でも、
ギフト券番号購入から30分以内かつ確定ボタンをクリックせずに
エラー報告フォームより報告していただければ、出品者への代金の支払いを保留します。
出品者、購入者により、ギフト券番号の有効性を確認いただきます。

(https://amaten.com/explains/safety)

このような危険性があるということを、あらかじめ承知しておいてください。

登録&をしなくてはいけない

amatenを利用するには、まず新規会員登録をする必要があります。(amaten – アマテン

さらに、amatenでギフト券を購入するには、amatenの銀行口座に振り込みをしなくてはいけません。ここが一番面倒です。楽天銀行など、ネットバンキングの口座をお持ちの方であれば、家で振り込みができるので手間はそんなにかかりません。

  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

の4つの銀行口座があります。このどれかに振り込みをすることで、自信のアカウントに金額がチャージされ、ギフト券を購入します。

手数料がかかる

ここでいう手数料とは、口座振り込みにかかる手数料です。

購入者がamatenに支払う手数料はありませんが、amatenでギフト券を購入するには、amatenの銀行口座に振り込みをしなくてはいけません。そのため、振込手数料を自身で負担する必要が出てきます。

  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

これらの銀行に口座を持っていれば、同銀行間の手数料は比較的安いため、あまり気にすることではないかもしれません。もしもっていないという人は、オススメの楽天銀行で口座を開設してみてはいかがでしょうか。

ベテルギフトでギフト券を購入する

ベテルギフトは、amatenと同じく、電子ギフト券の個人間売買サイトのサイトです。電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】


ベテルギフトとamatenのサービスはほぼ同じですが、それぞれ特徴があります。

まず、Amazonギフト券の安さでいうと、amatenに軍配が上がります。amatenが常時92%台のギフト券があるのに対し、ベテルギフトは93%後半台からが大半です。

しかし、ベテルギフトは「返金保証」がしっかりしています。amatenは30分を超えてしまった場合、もう手遅れです。ギフト券の怖いところは、ギフト券で購入した後に、不正なギフト券だと判断されて支払いを請求される可能性がある点です。これでは、amaten側は対処をしてくれません。

ベテルギフトの良いところは、

  1. エラーとなってギフト券を登録できない場合
  2. 登録はできたが、ギフト券がロックされた場合

どちらも30日間の保証がある点です。

amatenとベテルギフトはどちらが良い?

多少の危険性を覚悟しながらも、安くAmazonギフト券を手にしたいのならば、amaten(amaten - アマテン)。安さは少し劣るけど、危険な橋はわたりたくないという人はベテルギフト(電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】)をオススメします。

ちなみに、私はどちらも数回ずつ使用したことがありますが、その時は問題なくギフト券を使えました。どちらも使うのが怖いという人は、素直にAmazonギフト券(チャージタイプ)を使ってみてください。

未分類